過去の展示



 私古事記伝も、当月十三日全部四十四巻卒業、草稿本書き立て申候明和四年より書はじめ、三十二年にして終て申し候。命の程を危く存候処、皇神の御めぐみにかゝり、先存命仕り候て、生涯の願望成就仕り、大悦の至りに存じ候儀に御座候。慮外ながら御歓び下さるべく候
                     (「荒木田久老宛宣長書簡」寛政10 年6 月17 日付)

 寛政10 年(1798)6 月13 日、『古事記伝』最終巻を書き終えた宣長は安堵の息をつき、 その4 日後、友人荒木田久老に上記の手紙を送りました。 また、宣長は『古事記伝』を脱稿した年の10 月に書き上げた学問入門書『うひ山ぶみ』 の中で、次のようにも語る。

  己れ壮年より、数十年の間、心力をつくして、
  此記の伝四十四巻をあらはして、いにしへ学びのしるべとせり
                          (『うひ山ぶみ』宣長著)

 京都で『古事記』の本を購入し、賀茂真淵先生と出会い、「『古事記』研究は任せた」と
バトンを受け取った。研究を始めてから35 年。文字通り「心力をつくして」続けた『古
事記伝』執筆は、先生との約束でもあったのです。
 今回は、宣長の代表作『古事記伝』を主役として、その軌跡をたどります。
 『古事記』の評価はいかほどのものか。
 さあ、研究を始めようというとき、まず何から取りかかったのか。
 解読作業はどんなものか。
 宣長の『古事記伝』はどのように広まっていったのか。
 宣長学の集大成に丸ごと浸る、展覧会です。

  【会  期】   12 月28 日(火)~ 2022 年3月6日(日)※休館日を除く
  【展示総数 】  79 種98 点 ※内、国重要文化財53 点変更あり)

≪年末年始 休館のおしらせ≫

年末年始、下記の通り休館させていただきます。


12 月29 日(水)~2022 年1月3日(月)

  ●展示説明会  1 月15 日(土) 2 月19 日(土)(中止)
                        ※いずれも11:00 より(無料)
  ※ 新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、
   2月19日(土)11:00~予定しておりました展示説明会をやむなく
   中止することとなりました。

  



『古事記伝』への道                 ◎……国重要文化財

『うひ山ぶみ』版本 宣長著
『古事記伝』も書き終わって一段落した宣長に、門人たちは乞うた。
   
これからの自分たちの指針となる、学問入門書が欲しい――。
そこで、宣長がすさまじいスピードで書き上げたのが本書である。
「心力をつくし」たという言葉には、実感がこもっている。



◎『古事記』 宣長手沢本


 『古事記』研究の最初は、本文の校合作業から始まった。

 『古事記』と名の付く本はたくさんある。しかも、奈良時代から人々に書写され伝わってきた本は、それぞれ少しずつ文章が異なる。

 どの文章が1000年前のものに近いのか?
 宣長が行った研究は、そんな果てしない作業なのである。



 宣長にも、わからないことはある。
 上写真のの部分は、宣長が読めなかった文字だ。
 注釈部分には、「写し誤りであることは間違いないが、その字が考えつかない」
だから、保留し、本文の部分にもふりがなは振らなかったのである。

 これを受け取る私たちは、
「なんだ、分からなかったのか」で終わらせてはいけない。
 次の頁が、宣長が読めなかった「免」の部分の『古事記伝』下書き。
 これだけの情報を調べ上げ、考えに考え抜いた後に出る
「わからなかった」という言葉だからこそ、重みがあるのだ。



◎『古事記伝』草稿本 宣長筆 巻37


冬の企画展の内容については、三重県博物館協会ブログ(仮)もご参照下さい。
≫ 三重県博物館協会(仮)ブログ 2022年02月 https://sanpakukyo.blog.fc2.com/blog-date-202202.html

▲ページトップへ