夏の特別展 関連企画 和本印刷講座
板木を刷ってみよう!

江戸時代から盛んになった「木版印刷」。桜の板に文字を彫り、墨をつけて印刷していくという、とてもシンプルな中国伝来の印刷技術です。繊細で細やかに彫られた文字を眺めていると、「昔の職人さんってすごい!」と感激してしまいます。
今回は京都・芸艸堂(うんそうどう)から、現在でも木版印刷を手がける職人さんにお越しいただき、板木のお話と刷り立ての実演をしていただきます。
宣長さんが生涯をかけた著作出版という事業を、陰で支えつづけた板木職人の能力と技。ぜひ、この機会にご覧下さい。



○日 時 8月17日(日)13:30~16:00
○会 場 本居宣長記念館2F 講座室
○参加費 1人400円
○定 員 約40名(要予約)
 ※ 定員になり次第、締め切らせていただきます。


◆ 参加申込書にご記入いただき、本居宣長記念館までお送り下さい(FAX可)◆
>> 和本修復講座 「和本にふれる」参加申込書〔PDFファイル〕



本居宣長記念館 〒515-0073 三重県松阪市殿町1536-7
TEL 0598-21-0312 FAX 0598-21-0371
E-mai : linfo@norinagakinenkan.com


2014.7.12