荒木田麗女の書簡などが寄贈されました

1月、伊勢市の永井謙吾氏から資料8点が寄贈されました。
いただいた資料は次の通りです。   

小津久足三首懐紙 4枚
中島広足詠草
「正月元旦暁かたに」等5紙
1巻
荒木田麗女消息
隼人母(麗女)差出、数馬宛
1幅(箱共)
加藤枝直懐紙
「初秋風・野径萩・寄国祝」(九十三歳詠)
1幅(箱共)
岨温山画「梅」 1幅(箱共)


3番目の麗女(隼人母)書簡
は、甥の釜谷興正こと数馬に宛てられたもので、数馬の妻に自著『月の行衛』などを貸し出したことが書かれる興味深い一通です。
麗女の数馬など宛書簡は、最近、倉本昭氏により『伊勢 郷土史草』に 「翻刻安井家蔵荒木田麗女書簡」として連載紹介されました。この一通もその分かれでしょう。

荒木田麗女消息

4番目の枝直懐紙は、枝直の没する前年、93歳の筆です。
文字も行もかなり乱れていて壮絶な筆跡です。
枝直は加藤千蔭の父で松阪の人。
その後、大岡忠相に従って江戸町奉行所で与力を務め、また賀茂真淵の門人、支援者としても有名です。
加藤枝直懐紙


5番目の作者温山は、松阪の画家。
韓天寿との交友で知られています。
本居宣長記念館には大平賛の「楊貴妃像」があります。
また宣長の歌を天寿が賛したと言う
珍しい絵も遺っています。

梅図
ご寄贈いただいた資料は、
収蔵庫に厳重に保管し、展示などに
使用していきたいと思います。

2004.2.7