「21世紀の本居宣長」図録がでました

なぜ?
21世紀の本居宣長 図録表紙
図録 表紙

志賀島「金印」、 「木村蒹葭堂肖像」、
石崎融思「デ・フィレニューフェ夫婦像」
鈴木朖「孔子神位」、煙草のパッケージ、
安田靫彦「草薙の剣」、
森有正、石川淳の自筆原稿、
安彦良和
『古事記巻一 ナムジ−大國主−』原画
など、
意外な作品も載り、発見の多い1冊です。
画像で見る国学の歴史
草薙の剣
草薙の剣
川崎市市民ミュージアム蔵

「契沖像」、「賀茂真淵像」、
「谷川士清像」、 激怒する真淵の書簡、
田中道麿と宣長の質疑応答の記録、
「本居宣長自画自賛像」、
「村田春海像」、「荒木田久老像」
宣長と平田篤胤が対面した「夢中対面図」など、
近世国学史の中心となった人びとと事件がビジュアルに展開します。
必見、宣長基礎資料
契沖・賀茂真淵・本居宣長像
契沖・賀茂真淵・本居宣長像
名古屋市博物館蔵

 『古事記伝』自筆稿本(本居宣長記念館・天理図書館蔵)や、架空の都市図『端原氏城下絵図』、宣長画賛の名作、さらには、生前刊行された全著作と、それらを商った本屋「文海堂」(柏屋兵助)の看板、15歳の少女・帆足京の写した『古事記伝』など、宣長を語る上で必見の資料を満載。
 
 宣長研究はもちろん 18世紀の文化史を語る上でも、 見逃すことの出来ない 画像資料289種と詳細な解説。
 巻末には2004年までの年譜も完備。

 A4・243頁  2,000円

「21世紀の本居宣長」展会場、本居宣長記念館で発売中
内 容
○論文
 「いま宣長から学ぶこと」木下長宏
 「本居宣長の思考法」吉田悦之
○図版
 1,宣長思想の系譜−好信楽−
 2,自画像史の中の本居宣長−近世日本自我意識の生成−
 3,「日本」のかたちをもとめて
 4,宣長伝説の諸相
 5,メディアネットワークの中の宣長−メールとoff会−
○論文
 「本居宣長・危機のアイデンティティ」山田俊幸
 「『出雲国造神寿後釈』の刊行をめぐって
               −二点の新資料から−」秦昌弘
 「考古学事始め−古代を発見・記録化した十八世紀−」浜田晋介
 「宣長と契沖」乾善彦
○釈文
○「大平の見た宣長世界−解読「恩頼図」−」
○「本居宣長・証言アラカルト」
○ 掲載作品リスト
○「21世紀の本居宣長展 関連年表」