春の企画展「神宮のおかげ 宣長と参宮」のご案内

2005年3月8日(火)〜6月5日(日)

【展示点数】86種95点。国重要文化財40種。

【展示の主旨】
 今年は、宝永のおかげ参りから300年。伊勢や二見では数々の催しが計画されています。
 宝永2年(1705)のおかげ参り、推定参詣者362万人。宣長が記録に基づき書き記した数です。ちょうど母・勝が生まれたこの年の騒ぎを、宣長はどのような気持ちで記録したのでしょうか。その次の明和8年(1771)のおかげ参り、この時には宣長は自分の目で伊勢に向かう大群衆を見ています。
 18世紀、日本はいよいよ近代への道を歩み始めます。そのきっかけの一つが旅人の存在でした。毎年、春から初夏にかけて伊勢の地には全国から多くの参宮客が訪れます。
 宣長の師・賀茂真淵もその一人。やがて参宮客が宣長のもとを訪ね、諸国からの手紙を届けるようになりました。また参宮客の伝える見聞は貴重な情報源でした。伊勢の神宮の存在は、直接、また間接にさまざまな影響を宣長の生活や学問に及ぼします。
 今回の展示では、宣長と神宮との関わり、また参宮街道沿いに住んでいたことで受けた数々のおかげ(恩恵)を検証し、伊勢参宮にまつわる数々の資料を展示いたします。
ぜひご覧下さい。

【主な展示品】  ◎国重要文化財
◎「伊勢両宮図」2枚、本居宣長写
◎『伊勢二宮さき竹の弁』1冊、宣長著(内宮外宮論)
◎『日記』1冊(明和のおかげ参り条)
◎「栗田土満書簡」1巻(参宮幸便云々)
『玉勝間』版本1冊(宝永のおかげ参り)
「御師邸内図」1面【小津コレクション】
「荒木田経雅宛書簡」1幅
「おかげ参りの図」1幅、正根画、本居有郷賛。
「本居家の神棚で祀られた神宮お札」1体
「松坂町絵図」1舗、本居春庭写。

>> 「伊勢神宮」
>> 「荒木田経雅」
>> 「御師」

>> 詳しくは「展示・催し物」をご覧下さい