冬の企画展
「鈴屋から見た日本 −天明年間の宣長−」

期間 2005年12月6日(火)〜2006年3月26日(日)
休館日 月曜・年末年始(12月29日〜1月3日)

浅間山は噴火するし、冷害は起こる。とどめを刺すように京都は大火。
天明年間の日本は大騒動。
そんな中で田沼時代が終わりを告げ、やがて寛政の改革へと時代は移る。
一方、本居宣長も50代。
医者の収入も安定し、学者としての知名度も上がってきた。
53歳には、念願の書斎「鈴屋」を増築。
その四畳半の書斎の中で、『古事記伝』執筆しながら宣長は、
この激動の時代をどのように見ていたのだろう。
展示では、真剣に時代と向き合う古典研究家・宣長を多角的に眺めます。


◇主な展示品


 天明年間は新史料がぞくぞく出てきた時代でもあった。
 宣長のところにも珍しいものや、報告が続いた。
 中には、いかにも怪しげな物もあった。

「金印印影」1枚。志賀島出土。
『水茎の考等草稿』1冊、宣長著。宣長の金印考。
『古鈴の図』写4枚。(「駅鈴図」「河内駒ヶ谷金剛輪寺什物鏡鈴図」「駅路鈴真形図」)
『鈴之図』1冊1枚。
「尾州大館高門蔵古鈴之写」1枚、「(下総葛飾郡吾嬬神社神宝等」)1冊。 〈初公開〉
『衝口発』版本1冊、藤貞幹著。天明元年。史料の偽造だと宣長は攻撃する。
「村井敬義所蔵書目之内」1冊、宣長筆。※天明4年献納 宣長の長男春庭は珍しい資料を次々写していった。
『写本覚帳』1冊、本居春庭筆。
「東大寺宝物」1巻、本居春庭写。今の正倉院文書。
「聖徳太子像」1幅。本居春庭写。  

 天明期には天災が続いた。また悪政という人災もあった。

『日記』1冊、宣長筆。天明3年条 浅間山の噴火。
『秘本玉くしげ』2冊、宣長著。人見黍手沢本。天明7年。【個人蔵】
「迦具都遅能阿良毘」写1冊。上田秋成筆。天明8年京都大火の様子をつづる。

 この他にも、宣長の愛読してやまなかった『源氏物語』関係書として、
『源氏物語覚書』1冊 宣長(20歳頃)筆
『源氏物語湖月抄』版本 25冊。宣長手沢本。
『紫文要領』2冊、宣長著。
『手枕』版本1冊。宣長著。 

 また、研究の舞台裏として
『古書類聚抄』10冊、宣長筆。
自家製古典索引。第6冊「言語情態雑々」を展示。
『年代記』1冊、宣長編。
『古事記雑考』2冊、宣長筆。
「古暦本切れ写し」3枚、宣長筆。珍しい物はまず写す。

 日々の暮らしをうかがう史料として、
『松坂風俗記』1冊。服部中庸著。山の神記事の箇所。
『諸用帳』第2冊。宣長筆。
本居家の家計簿。 展示は、寛政7年お風呂の修理や蕎麦代を記した箇所。
「美濃婚儀録・能登婚儀録」1冊、宣長筆。お嬢さんの結婚の記録。
「宣長懐紙」1幅。次男・小西春村にこどもが生まれた。宣長にとっては初孫。その祝いの歌。〈初公開〉
『音信到来帳』第1冊、宣長筆。貰い物の覚え。全国から名産が届いている。

 この他に次のような物を展示します。
『古事記伝』 自筆稿本第19巻。
「田中道麿像」1幅
「地球一覧図」1幅
「前山の花見の歌」天明2年3月2日『手向草』写本1冊、宣長編。 天明元年。
『天文図説』写本 1冊、宣長著。春庭写。 天明2年。
コンパスを使って作図する。
「荒木田久老懐紙」1枚。 新書斎「鈴屋」を訪れた久老が窓からの眺望を詠む。天明3年。

 ぜひご覧下さい。

◇ 展示説明会
 第三土曜日午前11時から(参加費無料)


2005.11.28