秋の企画展 「 宣長の古典講釈」を開催

期間 2004年10月5日(火)〜11月28日(日) 月曜休館。
【展示点数】86種115点。国重要文化財46種。


  宣長さんは古典講釈の最中でも急患があると、「ちょっと失礼」と講義を中断し治療に赴いたというエピソードがあります。
 ところで宣長はどんな古典を講釈したのでしょうか。きっと『古事記』でしょう。本当かな?

 今回の展示では、29歳夏から72歳夏まで、松坂、和歌山、京都での講釈に使用した本をずらりと展示いたします。
 また、宣長の講釈の中心であった『源氏物語』と『万葉集』に関係する本も多数展示いたします。

 「御講釈に毎日出席仕候、源氏・万葉おもしろき事いはんかたなし、げに独歩の先生と毎日嘆息仕候」
これは宣長の講釈を聞いた二宮正禎の感想です。

 「講釈」というライブのおもしろさ。わくわくするほどの魅力を持った宣長の講釈の世界をぜひごらんください。


>> 展示・催し物のページへ