宣長の不思議   

9、宣長と物語

宣長は物語が、聞くのも書くのも作るのも大好きでした。
「忠臣蔵」今でも好きな方はたくさんいらっしゃいますね。宣長の時代も同じ。宣長もお寺でこの話を聞き、家に帰って聞き覚えた話を書き記したそうです。(『赤穂義士伝』)
「忠臣蔵」以外にも、この時代、「偽紫田舎源氏」という「源氏物語」のパロディー本が大流行していました。
宣長も負けてはいません。光源氏と六条御息所のなれそめを描いた作品を残しています。
「源氏物語」の研究著書を書いただけではないんですね。


9/11