宣長の不思議   

6、宣長デザイン「鈴屋衣」

教科書でおなじみ「本居宣長六十一歳自画自賛像」。
ここに描かれている宣長が着ている、変わった着物。
「鈴屋衣」という、宣長オリジナルの着物です。
この「鈴屋衣」、宣長が着ていたものが残っています。修復していただきましたが、劣化が激しく、展示できません。
今回は、修復の時に作っていただいた、本物そっくりの複製品を展示いたします。
「この着物を着て、宣長は和歌山城のお殿様に講釈をしたのだなぁ・・」
と、思いを馳せてください!


6/11