日本の秋・宣長の秋   

3、ディスカバー・ジャパン

 大淀三千風(おおよどみちかぜ)という人物をご存じですか?
この人は、井原西鶴や松尾芭蕉と同じ時代を生きていました。

 何をした人か? 松尾芭蕉よりも先に、日本全国を旅したのです。
そして作ったのが『日本行脚文集』(にほんあんぎゃぶんしゅう)です。
旅の途中で見たもの、聞いたこと、作った俳句などが記されています。
ガイドブックの先駆けですね。
 なんと芭蕉は、三千風の作った『松島眺望集』(まつしまちょうぼうしゅう)を見て、奥州の旅を決意したというのだから驚きです。

 三千風の『日本行脚文集』初版本を寄贈していただきました。
今回、初公開します。

3/11