日本の秋・宣長の秋   

2、宣長の手紙

 本居宣長記念館に、新しく宣長の書簡を寄贈していただきました。
 書いたのは、もちろん宣長。
 宛先は、宣長の門人・横井千秋(よこいちあき)です。

 横井千秋は尾張藩(今の愛知県)に仕えた重臣。宣長の学問に傾倒し、門人となりました。宣長の著作を出版するために力を尽くしました。『古事記伝』が出版されたのも、千秋のおかげです。

 この書簡の日付は8月25日。秋に出された書簡なのですね。
どのようなことが書かれているのでしょうか。見ていきましょう。


 >> 本居宣長書簡が寄贈されました

2/11