物まなびの系譜 宣長再発見 後期展   

1,「賀茂真淵書簡」 〔石水博物館蔵〕

もうお前の質問には答えない。
明和3(1766)年9月16日付。賀茂真淵(71歳)差出、宣長(37歳)宛。
宣長の送った論文『万葉集重載歌及巻次第』に激怒し、
  「か様の御志に候はば向後小子に御問も無用の事也・・
  惣而信じ給はぬ気顕はなれば、是までの如く答は為まじき也。
  しか御心得候へ」

(お前考えがこんなものなら、これからは私に質問することは意味がない。
・・私の云うことを信じていないことがはっきりした以上、
これまでのように質問に答えることはしない。
そう心得ておけ)。
事実上の破門状だが、
文章には失意と無念さの中にも、
弟子宣長の改心への期待がにじみ出ている。


1/8