鈴屋円居の図部分 本居宣長記念館
HOME
ご案内
本居宣長について
鈴屋・関係史蹟
主要収蔵品
展示・催し物
リンク・お問合せ・お問合せ
「ようこそ宣長ワールドへ」
解説項目索引
最新情報
今月の宣長さん
展示・催し物
現在の展示
宣長十講へ
 
 

 

現在の展示


冬の企画展『宣長と源氏物語』


日   時 : 2009年3月24日(火)〜6月21日(日)
午前9時〜午後4時30分
会   場 : 本居宣長記念館
入 館 料 :
一般300円 小学校4年生〜高校生100円 小学校3年生以下無料
団体料金(30名以上)大人200円、高校生80円、小・中学生50円
休 館 日 : 月曜日 ※5月連休中は開館します。
問い合わせ先: 本居宣長記念館 0598-21−0312


◇ 展示の見どころ  



 「歌を楽しむ」ことは、本居宣長においてすべての出発点でした。
十代の後半、将来への不安を抱え部屋に閉じこもっていた宣長は
「歌」という楽しみを突破口に、社会へと旅立ちます。
また、なぜ歌は人の心を魅了するのか、この問いかけが、
やがて、「もののあわれ」論や、『古事記』研究へと展開していくのです。
 今回の展示では、本居宣長72年の生涯を、
「歌を楽しむ」という目でとらえてみたいと思います。
展示は、宣長最初の歌集『栄貞詠草』から、一番最後の歌を縦軸に、
天皇の実兄・妙法院宮様との歌を通じての交流を横軸として構成します。


◇ 主な展示品  


「本居宣長四十四歳自画自賛像」
『栄貞詠草』
『和歌の浦』
『妙法院宮懐紙』など。




◇ 展示のご案内     〈 〉の数字は展示ケースです。


16〜20
16,歌には不思議な力があります。時空を超える力です。
 日本で一番古い歌は、

  やくもたつ いづもやへがき つまごみに  やへがきつくる 
  そのやへがきを
  (八雲立つ出雲八重垣夫婦ごみに八重垣作るその八重垣を)

 スサノオノミコトがクシナダヒメと結婚し新居を造った時の歓びの歌です(宣長『石上私淑言』)。
これ以降、無数の歌が詠まれ続けますが、
1300年以上も前の『記紀歌集』や『万葉集』の歌が、宣長や真淵、そして私たちの心に響く不思議。

  いせの海の なぎさを清み すむつる(鶴)の 千とせの声を 君にきかせむ

この歌は、妙法院宮という当時の身分としては最高位に近い方(光格天皇ご実兄)が、 紀州徳川家に仕官したとは言うものの町医者である宣長に詠み与えた歌ですが、宮様と心が一体となる、階層をもやすやす乗り越える不思議(「妙法院宮懐紙」〈1〉)。
 宣長はこのような「歌」の不思議を考え続けたのです。

 

17,歓びの歌を紹介しましょう。
35年をかけ心力を尽くし『古事記伝』を全巻書き終えたその祝賀会での歌です。

  古事の 記(ふるごとの ふみ)をらよめば いにしへの
  てぶりこととひ きゝみるごとし

 

18,次に松阪を詠んだ歌を紹介しましょう。「宵」(よい)って知っていますか。
 昔の夜は、夕べ→宵→夜中→暁→朝(あした)に分かれていた。
本居宣長記念館のある辺り一帯、つまり松阪城周辺は、
むかしは宵森(よいのもり)とか四五百森(よいほのもり)とも呼ばれホトトギス(時鳥・郭公)が有名だった。
なぜ「宵の森」なのか、宣長に考証もありますが、歌は、

   宵森郭公 
  立ちよりて あかぬ夜はまだ よひのもり あくるもしらず きくほとゝぎす

季節は初夏、宵の森でホトトギスを聞いていると時間のたつのも忘れるよの意味。
寛政12年(71歳)の作。ただしこれは大平の模写(文化2年夏)です。

 

19,歌の紹介の最期は自分のお墓を決めた時の作です。
宣長は亡くなる前年の9月17日、門人を引き連れ道すがら「たばこの花」を見て歌を詠んだりしながら、
山室山妙楽寺の奥山に、墓の場所を選びます。

   山むろの山に墓をさだめたるころよめる
 今よりは はかなき身とは なげかじよ 千世のすみかを もとめえつれば

永遠の住みかが定めた安堵の気持ちがよく伝わってきます。

20,古典に関する巨大容量のデータベースを頭の中に持っていた宣長。
歌はそんな宣長の心の楽しみでした。
一生に詠んだ歌約一万首。
真淵は、
「させる難も聞えず大かた理り有て聞ゆ、されどただ地をのみあゆむ心ちす、
長きことは天高く行心ちこそ有へけれ」
難点はないが面白くない、天高く行く心の躍動感が足りないと評しますが、
歌とは何かを根源にまで遡って考え、
過去の歌を総点検し(『十三代集抄』〈14〉は29歳の時に編纂した『古今選』の草稿です)

>>『古今選』

また自分でも詠むことで、この国に生きた人たちの心を追体験したのです。
繰り返し繰り返しそれを続け、そうすることで自らも心の穏やかさを保ちながら、
一方では人間に対する理解が深まっていったはずです。

  二十一代集をつぎつぎよみて思ひつづけける
 言のはの うつりもゆくか よゝにふる 人の心や しぐれなるなん

 


16〜20


 

Copyright(c)2002-2009 Museum of Motoori Norinaga. All rights reserved.