鈴屋円居の図部分 本居宣長記念館
HOME
ご案内
本居宣長について
鈴屋・関係史蹟
主要収蔵品
展示・催し物
リンク・お問合せ・お問合せ
「ようこそ宣長ワールドへ」
解説項目索引
最新情報
今月の宣長さん
展示・催し物
現在の展示
宣長十講へ
 
 

 

現在の展示


冬の企画展『宣長と源氏物語』


日   時 : 2009年3月24日(火)〜6月21日(日)
午前9時〜午後4時30分
会   場 : 本居宣長記念館
入 館 料 :
一般300円 小学校4年生〜高校生100円 小学校3年生以下無料
団体料金(30名以上)大人200円、高校生80円、小・中学生50円
休 館 日 : 月曜日 ※5月連休中は開館します。
問い合わせ先: 本居宣長記念館 0598-21−0312


◇ 展示の見どころ  



 「歌を楽しむ」ことは、本居宣長においてすべての出発点でした。
十代の後半、将来への不安を抱え部屋に閉じこもっていた宣長は
「歌」という楽しみを突破口に、社会へと旅立ちます。
また、なぜ歌は人の心を魅了するのか、この問いかけが、
やがて、「もののあわれ」論や、『古事記』研究へと展開していくのです。
 今回の展示では、本居宣長72年の生涯を、
「歌を楽しむ」という目でとらえてみたいと思います。
展示は、宣長最初の歌集『栄貞詠草』から、一番最後の歌を縦軸に、
天皇の実兄・妙法院宮様との歌を通じての交流を横軸として構成します。


◇ 主な展示品  


「本居宣長四十四歳自画自賛像」
『栄貞詠草』
『和歌の浦』
『妙法院宮懐紙』など。




◇ 展示のご案内     〈 〉の数字は展示ケースです。


11〜15
11,宣長の関心は歌から学問へと展開していきますが、歌を詠む楽しみは生涯持ち続けました。
歌の持ついろいろな楽しみを、展示品を紹介しなが見てみましょう。

 

12,春ののどかな気持ちを詠んだ歌。

 詠行路春草 和歌 春庵(「懐紙書様手本」〈2〉)
  みちのべや 野がひがてらに 駒とめて しばしなづそふ 春の若草

 「野がひ」とは放牧のこと。馬が若草の中でしばし憩う情景ですね。

>>「懐紙書様手本」

  花間鴬といへる事をよめる 平宣長(「宣長懐紙」〈1〉)
 聞なれし あらしはたえて 咲花に ただのどかなる うぐひすのこゑ

字ものんびりした雰囲気です。

 

13,旅では面白い歌が出来るというのは、昔も今も変わりません。
今回も伊勢の前山花見の歌、和歌山への道中の歌などいくつか出しています。
 花見をかねて吉野水分神社に参詣し
その社頭で今は亡き両親のことを追想し詠んだ歌を紹介しましょう。
宣長43歳の時です。(『菅笠日記』〈12〉)

  思ひ出る そのかみ垣に 手向して 麻(ぬさ)よりしげく 散る涙かな

麻(ぬさ)は旅の途中で道や峠の神様にまくおまじないのもの。それを入れたのが麻袋。
宣長は両親がこの吉野水分神社に祈願して授かった子ども。万感の思いがあったはずです。

 『紀見のめぐみ』〈13〉は、65歳の宣長が高見峠を越えて大和国から紀州へと旅した時の歌日記です。
和歌山街道(国道166号線)の各所が歌に詠まれ、
この中から次の歌など3首が歌碑となっています。

  ほのぼのと あくる光に 夜をこめて 立野の山は 近く見えけり

 『寛政十一年 若山行日記』〈12〉は、70歳になった宣長が、
大平を養子とする手続のために和歌山に赴いた時の日記です。
用事も済み、御前講釈も無事終えた宣長は、紀ノ川から吉野を通り松坂に帰ります。
途中2月25日吉野山に立ち寄ります。
まだ桜には早すぎる季節ですが、胸にあふれる思いが百首の歌となりました。

  父母の むかし思へば 袖ぬれぬ 水分山(みくまりやま)に 雨は降らねど

 みくまりの 神のちはひの なかりせば うまれこめやも これのあが身は
(吉野水分神社のお力がなければ私は生まれてはこなかったのだ)

>> 吉野水分神社

 吉野の里や桜の若木を植える様子なども歌われ、
宣長の詠んだ歌の中でももっとも素晴らしい作品群となっています。

 

14,歌はたった三十一文字の世界です。
その中には無限の広がりがあるとは言うものの、あまり思いが強いと、
意多くして言葉足りないと言うことになります。
『寛政十一年 若山行日記』は、強い思いが旅という異空間の中に溶け込み成功しました。

15,宣長というと桜の歌を連想します。
44歳の時「花五十首」という歌を詠んでいます。そこで二重丸がつくのが、

  めづらしき こま唐土の 花よりも あかぬ色香は 桜なりけり

です。「本居宣長四十四歳自画自賛像」〈5〉の賛となりました。

>>「本居宣長四十四歳自画自賛像」

また「六十一歳自画自賛像」の賛として詠まれたのが、

  敷島の 大和心を 人とはば 朝日ににほう 山桜花

です。今回は歌だけを書いたものを展示〈5〉しました。
宣長の桜の歌は、ちょっと理屈っぽく感じられます。
思いが深くて三十一文字には詰め込めないのかもしれません。
ちなみに「敷島の」の歌は、
お前の心はと問われたならば、
朝日に照り輝く山桜を見てああ美しいと嘆息する心ですと答えましょう、
という意味です。

 


11〜15


 

Copyright(c)2002-2009 Museum of Motoori Norinaga. All rights reserved.