七月の宣長

◇ 7月

 
文月7月は、もう秋です。暑さも残暑となります。「又師の考へに、七月(フミヅキ)は穂含月(ホフフミヅキ)、八月(ハヅキ)は穂発月(ホハリヅキ)、九月(ナガツキ)は稲刈月(イナカリヅキ)なり、と云れたるなどは、さもあるべし、其の余はいかゞあらむ、・・・己も考へ出て、さもあらむと思ふ彼此はあれど、十二月みながらは、未だ考へ得ざれば、今云はず、なほよく考へて云べし」『古事記伝』巻30


◇ 時候の言葉 (寛政10年書簡)
「残暑之節」(7月4日・小西春村宛)
「いまた暑さつよく候へ共」(7月4日・高尾飛騨宛 )
「一両日ハ又々残暑甚候へ共」(7月10日・小西春村宛)
「残暑之節」(7月25日・早川文明宛)
「如御申残暑未退候処」(7月27日・小西春村宛)


◇ 3つの大きな出来事
  1. 元文5年(11歳)閏7月23日、父定利(46歳)江戸店で没す。
  2. 寛保2年(13歳)7月14日、吉野水分神社にお礼参り。大峰山から高野山、長谷寺へ廻る。22日帰着。
  3. 寛政12年(71歳)7月『遺言書』を書く

◇ 7月の歌

    早涼
かはるとは 目にも耳にも まだしらで 
      袖に驚く 秋の初風
                  (明和8年・42歳)
    早秋山
けさははや 身にしむ風の 立田山 
     夜はには越えて 秋やきぬらん
                  (天明4年・55歳)

【もっと知りたい】

◇ たなばた ◇ 7月大好き人間「堀景山」
◇ 母の手紙 ◇ 魁星
◇ 7月の宣長  


毎月の宣長さん