midashi_p.gif 豆腐

l_p3.gif

 膨大な記録を残した宣長だが、存外、食べ 物についての好みは書き残していない。晩年『玉勝間』の中で、食事は、普段は羮(アツモノ)一つ、菜(アハセ)にて充分で、松坂の飽きたらぬのは鯉・鮒・ くわい・蓮根が少ないことということから、普段は粗食で、食材も京風がお好きだったのかと思うくらい。
 そこで、諸状況から推測するのだが、まず婚礼や行事の際の本膳料理は除く。すると日常的には「豆腐」という食べ物の存在が際だっていることに気づく。

 豆腐のような碁盤の目の京の町で、宣長は23歳から5年間を過ごしているが、その『在京日記』の中でも、京都各所で豆腐を食べ、豆腐茶屋の娘の噂を書き、一時帰国の道中の際にも東海道目川の名物・菜めしと田楽豆腐をうまいうまいと食べ、翌日、鈴鹿峠を越えた関宿でも湯豆腐を賞味し、京都にも劣らぬ位と評している。

 宣長の時代は豆腐料理のピークであった。天明年間(1781〜1789)、『豆腐百珍』(天明元年序)が出て、豆腐と「百珍物」がブームになった。豆腐の 調理法を、木の芽田楽から真のうどん豆腐まで、尋常品、通品、佳品、奇品、妙品、絶品の6等に分かち記した本で、醒狂道人可必醇著。この人は曽谷学川では ないかと推定されている。学川であるなら片山北海、高芙蓉の弟子である。北海は武川幸順の知人で、その墓誌を書いた人だ。芙蓉は池大雅、韓天寿と三岳道人 と称される。
 但しこれは、宣長の豆腐好きとは直接は関係ない。
 松坂には、「白菊」という典雅な名前の豆腐もあった。
 宝暦9年(1759)正月14日、宣長は、友人・小津正啓から「白菊」という豆腐をもらった。さっそく歌を詠みお返しとした。

 
   正月十よ日正啓もとより白菊といふ豆腐ををくられけるかへりことに

  きえあへぬ 雪かと見つる 春なれは それともいさや 白菊の花
  めつらしと 思はざらめや 雪のうちに おりまがへたる 春のしらきく


  65歳の時の和歌山行きには、弟子の大平が小遣い帳を残すが、やはり豆腐一丁12文の記事が目に付く。豆腐の値段が各地で同じというのも面白いが、「廿六 文、醤油、とうふ」とあるのは二丁としょうゆを合わせて買ったのだろう。冬のことだから、冷や奴ではなく、湯豆腐にでもしたのだろう。

 そういえば、大平も家業は豆腐屋である。豆腐の目利きが豆腐を買って先生の食卓に供するのである。
 宣長は大平の父棟隆(実はこの人も宣長の門人であり友人であるのだが)の求めで、豆腐の雅名を「みかべ」と付けたことがある。
 その「稲掛大平が家の業のみかべの詞又其長歌」の中で宣長は豆腐を次のように賞賛する。
 「値安くて卑しからず、味わい淡くて雅びたれば、月に日にけにいやめづらに、くさぐさ調えて、高き短き人皆の、朝な夕なと愛で食う物なり」
 
 お世辞ではなく、存外本心から言ったのかもしれない。

 


> >「宣長の豆腐評」
> >「稲懸豆腐店」



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる