信仰

 常識的な意味での「信仰心」から見るといささか奇異に見えるが、宣長の場合は、家の宗教と個人の信仰を整然と分けていたようである。家は熱心な浄土宗であり、個人的には、特に40歳代以降は仏教から距離を置き、「小手前の安心」は無いと主張した。一方では、「毎朝拝神式」に見られるような独自の信仰の体系を作っていった。その帰結が「奥墓」と樹敬寺墓である。
 家の宗教は、慣習であり形式的なもので信仰とは別だと言う見方は、宣長にはそぐわない。宣長の信仰には、形式的なものもまた重要な位置を占めていたからだ。


> >「奥墓」
> >「毎朝拝神式」
> >「家の宗教」
> >「仏壇」
> >「浄土宗」
> >「知恩院」



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる