midashi_v.gif 「姓氏の話 姓氏・名乗、あれこれ」   嵐義人

l_v3.gif

 「太閣もヒデキチと読めば丁稚なり」と言うが、歴史上の姓氏・名乗には、読み方にも使い方にも複雑なところがある。
 例えば、源頼朝(ミナモトのヨリトモ)のように姓(正しくは源朝臣)の場合「の」を伴って読むが足利義政(アシカガ・ヨシマサ)のような氏の揚合(家名・苗字等)には「の」は付かない。
 また、同じ名乗字としての「朝」でも、頼朝は武家であるから「トモ」と読み、「あふことの絶えてしなくばなかなかに人をも身をも恨みざらまし」の歌(『拾遺集』、百人一首)で有名な中納言朝忠は公家であるゆえ「アサ」と読む。
 確かに複雑である。しかし、法則性を知っていれば、さして混乱するものではない。ただ歴史は結果の集積であるから、例外は至るところにある。豊臣は姓であるが、「トヨトミの」とは言わない。東常縁の東は家名であるが「トウの」と読み慣わしている。それでも、法則を知り、制度・慣行を知ることは、歴史とつき合う際の良き道案内となるに違いない。そんなあれこれを記してみたく筆を執った次第である。
 なおここでは、珍姓・珍名は扱わない。専門とする制度史の観点から、思いつくことを取りあげていきたい。

  一、排行をめぐって

 正倉院文書に光明皇后の署銘が残されている。その筆写にかかる『楽毅論』の末尾にある「藤三娘」であるが、言うまでもなく藤原不比等の三女であることを示している。太郎・次郎・三郎……を排行(輩行とも)と言うが(石原正明『年々随筆』など)、順序を算える範囲は日本と中国とでは異なる。わが国では兄弟間に止まるが、中国では宗族(主として小宗)、つまり同族間で行われる。先祖から算えて同じ世代の者の間で付されるから、中唐の詩人白居易(白楽天)は「白二十二郎」と称せられる。兄弟のみならず、従父兄弟、再従、三従など一族の同世代男子として二十二番目ということである。曾我兄弟は例外ではあるが、法則性を無視したものではない。兄が十郎(祐成)、弟が五郎(時致)と逆転しているが、弟の五郎は烏帽子親北条時政の実子(宗時、義時、時房、政範=『続群書類従』北条系図)の次の排行を称したものと解されている(十郎については不明であるが、和田義盛との関係を説くものもある。『続群書類従』の和田系図では八人男子がいる)。また十郎を超えたときは、那須宗高、(名字であるが「の」が入る)のように余一・余二とするのが例であるという(『年々随筆』)。
 一方、親から子へと世代が移るに従い、コ・マゴ・ヒマゴ(ヒコ)・ヤシャゴと称する親族呼称に倣った通称の付け方がある。平将門を相馬小次郎と称するが如きものである。「小次郎」は父「次郎」の嫡男の意であって、ここから逆に、将門の父良将(良持とも)が高望王の二男であること、将門に兄はいないことが分かる(系図や物語によっては父を三男とし、将門に兄を登揚させるものがある)。四郎の嫡男なら小四郎、嫡孫は孫四郎(以下、彦四郎、弥四郎……)で、四郎の次男は四郎次郎となる。六郎の揚合は、小六・孫六・彦六であるが、これは、源平合戦期から鎌倉期に当て嵌まる例が多い程度で、後世はほぼ消滅する。
 実名の付け方にも排行と関連するものがある。一字を共有し、或いは五行に配して揃える原則で、中国・朝鮮に見られ、顧炎武『日知録』には晋末に起こったとある。牧野巽博士『近世中国宗族研究』に紹介されている明代の茗州呉氏の譜を見ると、特に末二代は、まず徳を共有して日偏の文字を用い、次に存を共有して兄弟ごとに偏旁を共通にしている。

(呉氏系図)

 五行に配する例は今手許にないが、島村修治氏『世界の姓名』に載るモデル(韓国)の如き例が実際に存することは、指摘しておきたい。

(韓国の系図)

 このモデルでは、木(東)、火(列火)、土、金、水(下水)の順に共通字を持ち、且つ代を進めるごとに共通字を上・下・上・下と交互に置き換えている。
 わが国にこの使い方はない。戸田氏の「氏」、堀田氏の「一」、渡辺党の一字名など、歴代定まっているものや、藤原氏三条流などに見られる「公」と「実」を交互に用いる例が、法則性をもったものとして知られる。なお三条流の「季」は替字として用いることができる。
(三条流の系図)

  二、官職名と東百官

 わが郷党の先人林不忘の名作に丹下左膳と称する浪人が登揚する。この「左膳」は律令官制にはない。このような律令官職名に似て非なるものを集めた擬似官職名が、「東百官」と呼ばれるものである。いま主なものを挙げれば、次の如くである。
  左門。右門。数馬。左内。求馬。左膳。伊織。頼母。要。多門。斎。小源太。左源太。
 「東百官」は「相馬百官」ともいい、伊勢貞丈 (一七一七〜八四)は、その著『貞丈雑記』『安斎随筆』で、平将門が定めたというのは付会であるとしている。平将門は天慶二年(九三九)に新皇として除目を行うが、そのとき「但し孤疑すらくは暦日博士のみ」(『将門記』)とあって、暦博士を欠いたとされる。この変則的官制に目をつけ、牽強たとするのである。そして更に考証を加え、
  古記に東百官の名つきたる人は見えず、天正慶長の頃より以来の書には、東百官の名つきたる人も見えたり。古今著聞集……に松尾神主頼母……とあるは、神主の実名にて……、鎌倉将軍の時に、最早東百官の名ありしとて、右の頼母を証拠に引かん事は誤りなり。(『安斎随華』)
としている。
 律令の官職名は、事実、江戸時代までは、一部を欠くものの行われており、『公卿補任』等で確認することができる。江戸時代、京都の公家衆が、朝臣として叙位・任官にあずかることはよく知られているが、武家においても、例えば大名の嫡子が家督に際し従五位下、某国の守に任ぜられるように、権官とはいえ確かに任官しているのである。大岡越前守しかり、吉良上野介しかりで、上野国は親王任国ゆえ、親王以外は介が国司としての最上位であり、幕末の小栗上野介も亦その故実を守っているのである。
 こうした、酒井雅楽頭、遠山左衛門尉といった官名を、一般には通称と同列に見ているが、実は叙位任官によって与えられた正式の官職名なのである。
 そこで、叙位任官に至らぬ武士は、隼人とか主計とか、任官の際に必ず付される四等官(カミ・スケ・ジョウ・サカン)名のないものを使うようになり、更に浪人などは、官職名に似た「東百官」を名乗るようになるのである。
 このほか、先祖が「左衛門尉」に任ぜられたことにより、某左衛門を名乗るとか、「兵衛尉」に任ぜられたことから某兵衛を称するといったことは、よく知られており、ここでは省略する。

  三、夫婦別氏の話

 平成三年から足かけ六年、法制審議会の民法部会が「民法改正案」を審議し、法務大臣に答申したことは耳に新しい。それに伴い、夫婦別姓≠ノ関する論議がにわかに注目を集めるようになった。
 いわゆる夫婦別姓≠フ「姓」は、ファミリー・ネームのことで、わが国では一般に「苗字」と呼んでおり、日本の民法では「氏」と称しているので、こだわる人は夫婦別氏と称する。
 周知の如く、日本で夫婦同氏が制度化されたのは、明治三十一年(一八九八)六月公布、七月施行のいわゆる「旧民法」をもって嚆矢とする。実熊としては、それに先行する戸籍法の趣旨が、一つの戸を一つの名で呼ぼうとする要請が強く、戸主(男子)の氏名で一戸を把握する方向性が生じていたことや、江戸時代すでに一つの家において主人(男子〉と他の家族の間に主従関係に近いものが醸成されていたことも大いに関係するが、明治三十一年民法の夫婦同氏は、ドイツ法継受の結果として生じたものである。
 一方、夫婦別氏願望は、使い慣れた姓氏を変えたくないとの考えに立つか、逆に強固な家制度を背景にもつ。
 本来「姓」は中国において宗族、つまり先祖を同じくする血縁集団(男系)の指標として重視され、「同姓不婚」のタブーを強固に守ってきたのである。例えば、中華民国で四大家族の一と称ざれた宋子文の姉妹の婚姻関係を見ると、すべて宋氏以外と結婚している。
  (姉)宋靄齢=孔祥?
  (姉)宋慶齢=孫文.
  (妹)宋美齢=蒋介石
 このように厳しい男系の家族制度を社会の根幹に据える中国ではあるが、「姓」が女偏に属するように、本来は母系制社会であった可能性は頗る大きい。夏は?姓、殷は子姓であるが、周は姫姓、秦は?姓で、他にも姜、?、?など、女偏の姓は古代中国において少なくない。それが、いつの頃か男系社会に大変貌を遂げると共に、より強固な男系の血縁原理を中核とする家族制度が成立したのである。
 ともあれ、儒教文化圏といわれる東アジア、東南アジアの国々で、日本を除き夫婦別姓が原則となっているのは、この伝統によるものと解される。
 一方、キリスト教文化圏であるヨーロッパ社会は、夫婦一体の原則が貫れており、夫婦同姓が一般化していた。英語ではMr.に所有を示すsを付けたのが既婚夫人の称号であり、ミセスの次には夫の姓名を用いた(近年、名は妻の名に変ってきたが)。その夫婦同姓の原則が崩れ、ミセスがミズになったのは、一九七〇年代の国連婦人の十年に伴う女子差別撤廃運動の結果である。一九七九年に国連総会で採択された「女子差別撤廃条約」一六条には、次の規定が見える。
一 締約国は,婚姻及び家族関係に係るすべての事項について女子に対する差別を撤廃するためのすべての適当な措置をとるものとし,特に,男女の平等を基礎として次のことを確保する。
  g 夫及び妻の同一の個人的権利(姓及び職業を選択する権利を含む)
 かつて明治民法に影響を与えた一七九四年プロイセン一般ラント法の婚姻に関する規定、第二部一章四節(夫婦の権利義務〈人の関係〉)では、「妻は夫の姓Nameを手に入れ」(一九二条)「夫の身分の諸権利に……-参加する」(一九三条)とされていた。一九七〇年代以前のヨーロッパでは一般的な規定であるが、一九七六年に大改正され、日本の戦後民法並みに変貌を遂げたのである。
 イスラム文化圏では、正式名は夫婦別姓であり、某(夫の名)の妻で某(父の名)の娘といった形式をとるが、簡略形としては夫の姓を最後に付す欧米型夫婦同姓的表示が一般化している。
 しかし、アジア社会で注目されるのは、姓を持たない国の存在である。わが国の誇る北アジア言語社会学者田中克彦氏は、その著『名前と人間』の中で、次のような興味深い事実を紹介している。

 モンゴル人には本人の名前だけしかなく、姓はない。ただ第一線で活躍する男に、なぜかバトバヤル(バトは「堅固な」、バヤルは「喜び」)という名が多い。……社会民主党のイデオローグとなったバトバヤル、そして日本の相撲で「旭鷲山」となったバトバヤルである。かれらは必要なばあいにはそれぞれ、自分の名の上に父親の名をつけて区別している。……オリンピックに出場した選手たちは、自分たちの名が決して呼ばれず、その都度、父親、あるいは母親の名が世界じゅうに放送されるので、その当惑は大きなものであろう。

 イスラム文化圏の中にも姓のない国があり、アフリカにもあるが、アジアではミャンマー、インドネシア、ブルネイなどは姓がなく(華人を除く)、ラオス、カンボジア、タイなども近代以前においては姓がなかった(これまた華人を除く)。日本もおそらく、文献史料のない時代は無姓の国だったのであろう。少なくとも、一度たりとも中国のような宗族を維持するための家族制度が成立し、その指標としての姓を堅時するような国でなかったことは確かである。

  四、日本的特性

 日本は隣国に姓を重視する大国・中国をもち、古来交流を続けてきたが、韓国のように中国型姓を取り入れることはなかった。
 吉田孝氏は、倭の五王は中国において「倭」を姓とする蕃王として扱われていたと指摘する(『家の名・族の名・人の名』所収「天皇と姓」)。確かに『宋書』倭国伝には「倭讃」、「倭隋」、同文帝紀には「倭王倭済」とある。また、『隋書』倭国伝に「倭王あり、姓は阿毎、字は多利思比孤」とあるのは有名であり、『翰苑』所引「魏略」などにも同様の記述がある。絶対的立場をもつ中国王朝へ朝貢する時代にあっては、無姓を貫くことはできなかったのであろう。中国の史書に姓を持たぬ蛮夷の王がない訣けではない。その中で日本は、中国では中国の制に服した。しかし国内的には姓を徹底することはなかった。元来、天皇・皇族は常に無姓であり、前近代の史料には各時代に亘って無姓の者が登場する。要は宗族が形成されなかったのである。
 源氏の棟梁源頼朝を支えたものは坂東八平氏を中心とする源氏以外の武士団であり、藤原氏は同族といえども排斥して、近衛と九条の系統のみが摂関となる先例を墨守し、徳川氏は外様の大大名に松平の称号を与えている。中世武家社会の惣領制は、中国の宗族に比べ、きわめて小さな集団であり、時に他氏をも取り込んでいる。これが日本の家制度の規模であり性格であると見てよかろう。
 加えて、養子について見ると、宗族を基本とし姓を重視する中国では、養子は原則として同姓の者でなければならない。しかし日本では、古来異姓養子を排斥する風習はない。血の連続よりも家職の継続に重きを置いてきたのである。
 そして、養子も含め、代々同じ通称を、名乗るとか、代々同じ家号で呼ばれるとかいった、小さな家単位の継続性に日本の特徴が認められるといってよかろう。この傾向性の中に、日本の家名・名字は位置づけられるのである。
 振り返ってみれば、日本は中国の制度を学習し、取り入れた。中国には姓、実名のほか、字があり号がある。江戸の文人であり狂歌師であった蜀山人は、『詩経』に自分の氏と同じ「大田」篇を見出し、名を覃、字を子耜、号を南畝とした。つまり「大田稼多し、既に種し既に戒め、既に備え乃ち事す。我が覃耜(するどいスキ)を以て、俶て南畝に載とす」に出典を求めたのである。実名は正式文書以外には用いない(更に、名を直接呼ばぬ、諱を臣下や子孫は用いないという習俗も知られている)ので、別に字が必要となるが、字と通称とは本来重複しているようなものである。したがって両者を同時に用いることはない。これらも、何でも取り入れ、何でも融合させる日本的受容であるといえよう。
 姓氏・名乗りの原則を知ることは、歴史の入口の一つであるが、その正しい理解は、諸外国との比較も含めて、歴史学の深奥に位置する大きな問題である。この雑文からその一端が窺えたなら幸いである。
                     (引用にあたり系図は省略した)




(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる