midashi_b マツサカ・マツザカ? 松坂・松阪?

l_b3

 本当の話、「松阪」の読み方は定まっていない。一般には「マツサカ」と読むといっている。これは以前からあった説だ。芦田恵之助も地元では「マツサカ」と言っていると証言している。だが、一方では「マツザカ」と言う読み方も使用されていて、前からどちらだと言う議論が繰り返された。促音説もあるが、これは音便なので論外。

 文字は「松阪」と定まっている。但し、宣長の『玉勝間』「伊勢国」でも「松阪」と書いた例があり(版本)、過去には混用しても平気だったようだ。「松阪」に、いつ定まったのかというと、それは明治初年頃かな・・と言う程度でよくわからない。
 島川安太郎『松阪の町の歴史』の解説を紹介しよう。「松阪」となったのは明治22年の町村制実施の時とする。その範となったのは大阪である。「大坂」が「大阪」になったのは明治3年であると言う。『松阪開府400年史』も、「大坂が大阪になったので。「松阪」に決定したと伝えられている。町議会の記録にはないが、公文書は、このころから阪をしようしている」とほぼ同じ説だ。

 このCD-ROMでは、慣用的に、明治以前つまり1867年までは「松坂」、1868年からは「松阪」を用いる。


>>「松坂」
>>「「松坂」から「松阪」へ」



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる