midashi_b 宣長さんの松坂評

l_b3

 宣長の目で見た当時の松坂の様子を描く「伊勢国」と言う文が『玉勝間』巻14に載っている。宣長の目に写った伊勢の国(今の三重県の一部)、松坂(三重県松阪市)を見てみよう。

「伊勢国」
「伊勢の国は、かた国のうまし国と古語にもいひて、北のはてより南のはてまで、西の方は山々つらなりつゞきて、まことに青垣をなせり、東の方は入海にていせの海といふこれなり、かくていづこもいづこも山と海との間、ひろく平原にして、北は桑名より、南は山田まで、廿里あまりがほど、山といふ物一つもこゆることなく、ひたつゞきの国原なり、その間に、広き里々おほかる中に、山田、安濃津、松阪、桑名など、ことににぎはゝしく大きなる里なり、大かた京より江戸まで、七国八国を経てゆく間に、かばかりの大里は、近江の大津と、駿河の府をおきてはあることなし、外の国々も思ひやらる、猶件の里々につぎて、四日市、白子などよき邑なり、かくて此国、海の物、山野の物、すべてともしからず、暑さ寒さも、他国にくらぶるに、さしも甚しからず、但しさむさは、北の方へよるまゝに次第に寒し、風はよくふく国なり、国のにぎはゝしきことは、大御神の宮にまうづる旅人たゆることなく、ことに春夏の程は、いといとにぎはゝしき事、大かた天ノ下にならびなし、土こえて、稲いとよし、たなつ物も畑つ物も、大かた皆よし、かくて松坂は、ことによき里にて、里のひろき事は、山田につぎたれど、富る家おほく、江戸に店といふ物をかまへおきて、手代といふ物をおほくあらせて、あきなひせさせて、あるじは、国にのみ居てあそびをり、うはべはさしもあらで、うちうちはいたくゆたかにおごりてわたる、すべて此里、町すぢゆがみ正しからず、家なみわろく、一つごとに一尺二尺づゝ出入てひとしからず、いといとしどけなし、家居はさしもいかめしからず、されど内々のすまひはいとよし、水はよき所とわろき所とありてひとしからず、川水すくなく潮もさゝねば、船かよはず、山へは、大方一里あまり、海へは、半里あまり、諸国のたよりよし、ことに京江戸大坂はたよりよし、諸国の人の入くる国なれば、いづこへもいづこへもたよりよし、人の心はよくもあらず、おごりてまことすくなし、人のかたち、男も女もゐ中びたることさらになくよろし、女は里のゆたかににぎはゝしきまゝにすがたよそひよし、すべてをさをさ京におとれることなし、人の物いひは、尾張の国より東の国々はなまりおほきを、伊勢は、大かたなまりなし、されど山城大和などゝは、何となく声いやしく、詞もいやしきこと多し、いはゆる呉服物、小間物のたぐひ、松坂は事よき品を用ひて、山田津などゝはこよなく代物よし、されば商人の、京よりしいるゝも、松坂はことに物よく上々の品なり、京のあき人つねに来かよふなり、時々のはやり物も、をり過さず、諸芸は所からにあはせては、よきこともあらず、もろもろの細工いと上手なり、あきなひごとにぎはゝし、芝居、見せ物、神社、仏閣すべてにぎはゝし、すべて此国は、他国の人おほく入こむ国なる故に、よからぬ物もおほく、盗なども多し、松坂は、魚類野菜などすべてゆたかなり、されど魚には、鯉鮒すくなく、野菜には、くわゐ蓮根などすくなし、松坂のあかぬ事は、町筋の正しからずしどけなきと、船のかよはぬとなり」(『玉勝間』巻14)

  晩年の宣長が自分が過ごした故郷へのオマージュ、「国誉め」です。伊勢の国を誉め、中でも松坂は「ことによき里」と言います。経済的にも豊かで、食べる物も不自由することがない。諸国への連絡にも便利だし、住んでいる人も洗練されている。しゃべる言葉は京や大和には劣るが、尾張や東の国に比べるとなまりが少ない。呉服や小間物の質もよい。流行も時を逃さず入ってくる。諸芸は取り立ててこれというものはない。全て細工物は上手だ。商売も芝居、見世物、神社、仏閣全て賑やかだが、人の出入りが多いだけに悪事も多い。また食べ物も豊富だが、鯉や鮒、くわい、蓮根が少ないのが物足りない。この町の欠点は、町筋がゆがんでいて、船の便のないことだと宣長は言う。
【注】
「かた国のうまし国」『日本書紀』垂仁紀25年3月条「是の神風の伊勢の国は、常世の浪の重浪帰(ヨ)する国也、傍国(カタクニ)の可怜(ウマシ)国也」。
「青垣」『古事記伝』巻12「青垣は、青山の、国の書垣となりて周廻(メグ)れるを云々」。



>>『玉勝間』
>>「御師の台所」
>>「町の豊かさ」



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる