midashi_b 宣長さんの行楽

l_b3

 晩年の行楽をのぞいてみよう。宣長も多忙で記録も途切れがち。洩れているものも多いと思うが概要を知ることはできる。

寛政10年(1798・69歳)
spacer 8月15日  毘沙門寺月見会。
  9月6日  下蛸路村(シモタコジムラ)の門人・堀口光重宅に赴き、茸狩り。
  9月13日 月見を兼ねた『古事記伝』終業慶賀会を開く。
 
寛政11年(70歳)
  3月16日 三井氏別業・畑屋敷にて七十賀。
  4月3日から9日
  参宮。4日、二見定津の家に宿泊。
  4月14日から20日
  四日市行き。
  8月15日 菅相寺で月見会。
  9月13日 遍照寺で月見会。
 
寛政12年(71歳)
  3月22日 垣鼻村の陶工・時中寸丈宅にて花見会。
  3月26日 愛宕山龍泉寺にて花見会。
  9月13日 工屋町・小津信春借座敷にて会す。
  11月20日 藩主への御前講義のため和歌山へ出立。
 
享和元年(72歳)
  3月1日 和歌山より帰宅。
  3月20日頃 山室山墓地選定地の花見。
  3月28日 貴紳への講義のため京都へ出立。
  6月12日 京都より帰宅。
  8月15日 日野町山際留守宅で月見会。
  9月13日 新座町大平宅で月見会。


>>「『古事記伝』書き終わる」
>>「猿田彦神社の宣長歌碑」
>>「奥墓」



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる