suzusuzusuzu 『古事記伝』

suzusuzusuzu

 外来文化の影響をうける前の日本人の心を知るためには、『古事記』が第一の書であると宣長は考えた。そして、半生をかけて、『古事記伝』を執筆した。但し、松坂を始め各地での講義書目には『古事記』は入っていない。講釈できる本ではない、そのエッセンスは『直霊』で明らかにしたし、講釈もした、あとは『古事記伝』を読んで欲しいということだったのだろうか。

古事記伝
『古事記伝』再稿本(『古事記』本文)
宣長自筆・国重要文化財


> >「素兎 シロウサギ」
> >「宣長の『古事記』観」
> >「『古事記』とはどんな本ですか?」
> >「『古事記』の校合」
> >「真福寺本『古事記』」
> >「誰が真福寺本『古事記』を持ってきたか?」
> >「『古事記伝』への道」
> >「『古事記伝』を写す」
> >「蓬莱尚賢『古事記伝』に感動する」
> >「『古事記伝』書き終わる」



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる