家族

 宣長の両親は、父・定利、母・勝。
 弟と妹は、親次、はん、やつ。
 妻は、初婚、ふみ(みか)、再婚、たみ(勝)。 子どもは、勝との間に、二男三女。春庭、春村、飛騨、美濃、能登。
 春庭が家を継ぎ、春村は津の薬種商小西に養子として入家。飛騨は、最初母の実家草深氏に、その後四日市の高尾氏に嫁した。次女・美濃は長井家に嫁し、後に小津を名乗った。三女能登は伊勢の御師安田広治に嫁した。
 春庭の失明により、養子として大平を迎えた。
 内孫は春庭と妻壱岐の間に、伊豆と、有郷が生まれた。

 子孫は、養子・大平が和歌山に移ったことにより、松坂系と和歌山系に分かれる。家系を、本居宣長の学問を受け継ぐというので「学統」と呼ぶ。
 松坂学統は、実子春庭(2代)から有郷(3代)に、その後は高尾家から飛騨の孫を迎え信郷(4代)、清造(5代)、彌生(6代)、芳野(7代)と続く。
 和歌山学統は、大平(2代)には建正、清島など後嗣となる人がいたが、早世し、娘藤子に養子内遠(3代)を迎えた。その後、豊穎(4代)、並子(5代)、長世(6代)、修三(7代)と続く。
 共に現在も家系は絶えることなく続いている。家系の永続こそが宣長の念願であった。なお、宣長までの家系については『家の昔物語』と『本居家系図』にまとめられている。

【参考資料】 > >「本居家系図」

> >「小津定利」
> >「父・定利の死」
> >「小津勝」
> >「毎月の宣長さん」「母の手紙」
> >「妻・勝」
> >「毎月の宣長さん」「牡丹の歌」
> >「結婚」(最初の結婚・たみとの結婚)
> >「本居春庭」
> >「眼病治療の旅」
> >「小西春村」
> >「飛騨」
> >「美濃」
> >「能登」
> >「本居大平」
> >『本居大平七十八歳像』
> >「大平養子となる」
> >「小西春重」
> >「伊豆」
> >「京都滞在は面白い」
> >「本居有郷」
> >「本居建正」
> >「本居清島」
> >『家の昔物語』
> >『本居氏系図』



(C) 本居宣長記念館


目 次
もどる