イベント

国史跡指定100年・宣長再発見

宣長さがし~松阪を歩く、宣長を歩く

公益財団法人岡田文化財団助成事業

 本居宣長旧宅 同宅跡は、1922年(大正11)に国の史跡に指定され、今年は100年の記念の年にあたります。1953年(昭和28)には移築前の跡地とともに特別史跡に、また、春庭の旧宅などが1967年(昭和42)に追加指定されました。
 本居宣長が生涯の大半を暮らした松阪の町はどのような町だったのか。そして、「宣長さん」と身近に愛してきた松阪の人々が、宣長をどのように未来につなげようと尽力してきたのかをテーマとして宣長ゆかりの史跡を探訪し、「松阪再発見」「宣長再発見」につなげていきます。当館名誉館長及び学芸員がご案内します。

宣長さがし

1.開催日
    令和4年10月22日(土)13:00集合・13時15分出発(小雨決行)
2.コース(所要時間 約2時間30分)
   集合場所 本居宣長記念館玄関前
   解散場所 本居宣長宅跡(魚町)
   *ご案内は、ガイド1人につき最大20人までとし、2グループに分けて行います。

<先発グループ>    ( )は目安の到着時刻
  本居宣長記念館(13:15)→ 本居宣長旧宅(13:15)→ (御城番屋敷)→
  樹敬寺(宣長墓・嶺松院跡)(13:45)新上屋跡(14:10) →(本陣美濃屋跡)
   → 岡寺山継松寺(14:45) → 本居宣長宅跡(15:20)
3.募集期間
   令和4年9月10日(土)~10月8日(土)
4.参加費
   1人300円
   (傷害保険加入・秋の企画展令和4年12月4日までの無料招待券贈呈)
5.申込み方法
   記念館に備え付けの申込用紙に、参加者のお名前・住所・電話番号・年齢を
  記入し、直接記念館窓口で参加費を添えてお申し込み下さい。
   なお、電話での受付は行いません。申込み先着順とさせていただきますので、
  定員になり次第締め切らせていただきます。
  詳細は記念館ホームページでご案内します。
6.当日の配布物
    宣長さがし(ガイドブック)フルカラー33ページ、秋の企画展無料招待券
7.その他
   天候等の都合で延期する場合は、記念館ホームページでご案内します。
  また、直接記念館までお問い合わせ下さい。発熱や風邪等の症状のある方は、
  参加を控えて下さい。感染防止対策にご協力をお願いします。

2022.9.12

▲ページトップへ 


本居宣長顕彰短歌大会動画配信のお知らせ

第66回本居宣長顕彰短歌大会

 令和3年11月20日(土)に開催いたしました第66回本居宣長顕彰短歌大会の動画を配信します。
 この短歌大会は短歌を詠むことで、歌をこよなく愛した宣長の遺徳をしのぶとともに、歌を楽しみ、歌を通して日本文化に触れる機会を持っていただくことを目的として毎年開催しているもので、今回は歌人の小島ゆかり先生を選者としてお招きし、松阪市産業振興センターにて開催いたしました。
 本居宣長記念館として、短歌大会の動画配信は、今回初めての試みであり、限定公開といたしますので、動画配信をご希望の方は、メールに住所氏名と、短歌大会に参加された方は短歌大会参加と、また参加されなかった方は短歌大会不参加と明記していただき、下記アドレスまで送信してください。

 令和4年1月31日まで、ご覧いただけるYoutubeのURLをメールで返信します。

 短歌大会に参加された方も参加されなかった方も是非お申し込みいただき、短歌の世界をお楽しみください。

  ※ 送信先メールアドレス norinagakinenkan@gmail.com

 

                 公益財団法人 鈴屋遺蹟保存会
                              本居宣長記念館


▲ページトップへ 

 

第67回 本居宣長顕彰短歌大会開催要項

 松阪の生んだ偉大な国学者・本居宣長(1730~1801)は、広く日本の古典を研究し、人と歌との密接な関わりを明らかにし、歌を詠むことは、人の心を理解する上で最も大事なことだと考えました。何より、宣長にとって歌を詠むことは、大きな楽しみでもあり、その生涯に詠んだ歌は1万首を数えます。松阪の人にとって宣長は偉大な学者である前に、歌を楽しむごく身近な存在の人でした。
 「本居宣長顕彰短歌大会」は、短歌を詠むことで、歌をこよなく愛した宣長の遺徳をしのぶとともに、歌に親しみ、また歌を通して日本の文化に触れていただこうとする行事です。

1.日  時 令和4年11月26日(土)13:00~
2.会  場 松阪市産業振興センター3F研修ホール
3.当日運営 大会当日の参加は、事前予約となります。(大会当日参加予約申込は令和4年11月12日まで)入選者・投稿者を優先し、定員になり次第締め切ります。投稿者の方は用紙に記載してください。その他御予約は電話、メール、FAXでお願いします。
4.主  催 本居宣長記念館
 (後援 松阪市・松阪市教育委員会・松阪短歌会・
    三重県歌人クラブ)
5.応募作品 一人三首まで(作品は返却しません)
未発表・自作で作者本人の投稿に限ります。
また二重投稿はお断りします。
6.応募方法 松阪市内の公民館、文化施設等に設置してある所定の投稿用紙を使用してください。(コピー可)
または、下段の短歌大会チラシの裏面を印字して使用してください。
投稿用紙には、住所、氏名、年齢、電話番号を必ず明記してください。
7.提 出 先 〒515-0073
 三重県松阪市殿町1536-7 
   本居宣長記念館 「短歌大会」係
    TEL 0598-21-0312  FAX 0598-21-0371
    Eメール info@norinagakinenkan.com
8.募集期間 令和4年7月1日(金)~9月23日(金)  
 ※当日消印有効
9.選 者(講師) 小島ゆかり(こじまゆかり) 先生(1956生まれ)
 名古屋市出身 早稲田大学文学部卒業、コスモス短歌会
10.投 稿 料 一首1,000円(一人三首まで)。
※小学生・中学生・高校生は無料
11.送金方法 (1)郵便振替を利用の場合(変更後)
  ①郵便局窓口に常備の払込取扱票を使用
  ②皆様にご利用いただく振込用紙は通信欄がないため、
   住所等の記載は必要ありません

     郵便口座番号  12250-6562341
     加入者名    公益財団法人鈴屋遺蹟保存会
  ③1.ゆうちょ口座をお持ちの方は、
    ご利用明細票(コピー可)を投稿用紙と一緒に
    お送りください。
   2.ゆうちょ口座がない方は、
    振替払込金受領証・振替受付票(コピー可)を
    投稿用紙と一緒にお送りください。

  本居宣長記念館の方で、入金と投稿作品を確認の上、
  投稿者の方にお電話で受付済みの連絡をさせていただきます。
(2)直接、本居宣長記念館に現金を持参する
12.表  彰 宣長賞3首 賞状・副賞(松阪牛)
入選30首 賞状・記念品
13.作品集 大会当日、投稿者一人につき一冊進呈します。投稿者で、大会当日不参加の方へは、大会終了後に一人一冊送付します。

第67回 本居宣長顕彰短歌大会チラシ
画像をクリックするとPDFファイルが開きます。


2021.6.30

▲ページトップへ