鈴屋円居の図部分 本居宣長記念館
HOME
ご案内
本居宣長について
鈴屋・関係史蹟
主要収蔵品
展示・催し物
リンク・お問合せ・お問合せ
「ようこそ宣長ワールドへ」
解説項目索引
最新情報
館長室から
今月の宣長さん
展示・催し物
宣長十講へ
 
 

 

過去の展示


夏の特別展「宣長、地図を描く」

 
 地図が有るのと無いのでは大違い。時は、江戸時代中期。それまでは権力者の機密であったはずの「地図」が庶民の間にも広まり、人々の世界観もガラリと変わりはじめました。地図マニアも登場します。実は本居宣長(1730-1801)もその一人。今回の展示は宣長の「自筆地図」が勢揃い。17歳の頃の「大日本天下四海画図」をはじめ、「京の図」や謎の都市図「端原氏城下絵図」などじっと眺めてみると抜群の描写能力に目を見張ります。時間と労力を傾けたこれらの地図にはどんな意味やメッセージが込められているのでしょうか。宣長の地図の世界探検に出発です。
期   間 : 2015年7月2日(木)〜 9月6日(日)
開 館 時 間 : 9:00〜16:30
会   場 : 本居宣長記念館展示室
入 館 料 :
本居宣長記念館・本居宣長旧宅「鈴屋」共通
大人 400円 大学生等 300円 小人(小学校4年生〜高校生)200円
休 館 日 : 月曜日(祝日の場合は翌日)
問い合わせ先: 本居宣長記念館 0598-21-0312




◇  展示品総数   


  約100種150点  ※国重文約40点 (変更あり)



◇  主な展示品   ※写真をクリックすると大きめの写真が表示されます。


「大日本天下四海画図」宣長筆
  宣長が17歳の頃、様々な資料を参照して描いた日本地図。
  縦約122p×幅約195pスケールと精巧な描き込みに、目を見張ること
  間違いなし。
  >> 「ようこそ宣長ワールドへ」宣長の学問 「10 宣長と旅 」

「大日本天下四海画図」宣長筆
「大日本天下四海画図」宣長筆


「京の図(洛陽之図)宣長写

  京の町を描いた図。京都遊学を目前にした宣長の、はやる気持ちが
  伝わってくるようです。

「京の図(洛陽之図)宣長写
「京の図(洛陽之図)宣長写


『紀見のめぐみ』宣長著
 
   宣長は心覚えにも図を描きます。
  『紀見のめぐみ』に載る、和歌山城下から和歌浦のスケッチを展示します。

『紀見のめぐみ』宣長著
『紀見のめぐみ』宣長著

『伊勢州飯高郡松坂勝覧』宣長
  
これを読めば当時の松坂が分かる! 
  宣長が16歳でまとめた、現存最古の松阪地誌。
  歴史・名所・神社仏閣などの情報が満載です。
  >>  『松坂勝覧』

『伊勢州飯高郡松坂勝覧』宣長
『伊勢州飯高郡松坂勝覧』宣長


>> 「宣長の地図をさらに細かく見てみよう」 new!



◇  関連企画   

◇地図観察会:
 
7月19日(日)、8月1日(土)、8月15日(土)
 いずれも13時30分から

 最も数の多い青年期の地図を中心に、宣長の自筆地図をご紹介。
 参加者には、「大日本天下四海画図」がよくわかる特製の地図帳
 を差し上げます!

◇夏のワークショップ「大日本天下四海画図に挑む」
 8月8日(土) 13:00〜16:00 /定員30名(無料)
 会場: 本居宣長記念館2F講座室

 

 

 

Copyright(c)2002-2015 Museum of Motoori Norinaga. All rights reserved.

 

ß∑ß