鈴屋円居の図部分 本居宣長記念館
HOME
ご案内
本居宣長について
鈴屋・関係史蹟
主要収蔵品
展示・催し物
リンク・お問合せ・お問合せ
「ようこそ宣長ワールドへ」
解説項目索引
最新情報
館長室から
今月の宣長さん
 
展示・催し物
宣長十講へ
 
 

 

過去の展示


「松坂の一夜」250年記念・本居春庭 生誕250年記念
冬の企画展 「やちまた ―父と子の旅―」

 
 宣長34歳の春、待望の長男・春庭が誕生。13歳になった春庭は、賀茂真淵の著作『にひまなび』を写します。以後、本や地図を写して宣長の研究を助けていきます。そんな父子を襲った不幸。29歳の春庭は目を患い、治療の甲斐無く32歳で失明してしまいます。父・宣長の期待と失望、失明後の努力、周囲の協力によって詞の研究で業績を残した春庭。
 父子のはてしない学問の旅と、春庭の生涯を研究した足立巻一氏の資料を、ぜひご覧ください。

日   時 : 平成25年12月10日(火)〜 平成26年3月2日(日)
午前9時〜午後4時30分
会   場 : 本居宣長記念館展示室
入 館 料 :
大人400円 大学生等300円 子供(小学校4年〜高校生)200円
 ≪団体料金(30名以上)≫
 大人300円 大学生等200円 子供100円
休 館 日 : 月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日〜1月3日)
問い合わせ先: 本居宣長記念館 0598-21−0312



◇  展示品       ◆ 平台展示



◆「宣長代筆春庭懐紙」

   春庭の歌を書いた懐紙ですが、字は春庭のものではありません。
   宣長が代筆して書いています。

「宣長代筆春庭懐紙」

「宣長代筆春庭懐紙」




◆『剣璽渡御記』

   「剣璽渡御」は、皇位継承の証として新帝に剣と璽を受け渡す儀式です。
   この本は春庭が写しました。宣長の手沢本でもあります。

「詞のカード」

『剣璽渡御記』



◆「詞のカード」

   春庭が『詞の八衢』等で使用した、詞のカードです。



「詞のカード」



◆足立巻一先生資料

   春庭の生涯を研究し、『やちまた』を著した足立巻一氏の資料を
   たくさん展示します。

足立巻一先生資料

「足立巻一先生資料」




◇  展示説明会  


   12月21日(土)、1月18日(土)、2月15日(土)
   いずれも午前11時から


 

 

 

Copyright(c)2002-2013 Museum of Motoori Norinaga. All rights reserved.