鈴屋円居の図部分 本居宣長記念館
HOME
ご案内
本居宣長について
鈴屋・関係史蹟
主要収蔵品
展示・催し物
リンク・お問合せ・お問合せ
「ようこそ宣長ワールドへ」
解説項目索引
最新情報
館長室から
今月の宣長さん
 
展示・催し物
宣長十講へ
 
 

 

過去の展示


「松坂の一夜」250年記念・本居春庭 生誕250年記念

 宣長没後に、養子・大平が描いた「恩頼図(ミタマノフユノズ)」。
本居宣長という多彩な人物を一つの図として書き表したこれは、簡単にいえば、「おかげ」ということ。
 宣長さんは誰のおかげであのような偉い人になれたのか。宣長さんのおかげを蒙った人は誰か。また、門人以外にも多くの人々に影響を与えた宣長の著作とは?父と母、吉野山子守明神、堀景山、契沖、賀茂真淵、紫式部、水戸光圀……どれが欠けても、宣長は宣長となっていませんでした。日常も遊びも仕事も学問も、「恩頼図」をもとに、壮大な宣長世界をご紹介します。
 展示室の史料を全て煮込むと本居宣長?! 緻密ですごい、でもちょっと不思議で思わず笑みがこぼれる、等身大の「本居宣長」をご覧下さい。

日   時 : 2013年9月10日(火)〜12月8日(日)
午前9時〜午後4時30分
会   場 : 本居宣長記念館展示室
入 館 料 :
大人400円 大学生等300円 子供(小学校4年〜高校生)200円
 ≪団体料金(30名以上)≫
 大人300円 大学生等200円 子供100円
休 館 日 : 月曜日(祝日の場合は翌日)
問い合わせ先: 本居宣長記念館 0598-21−0312



◇  展示品



◎『日記』(国重文・宣長筆) ◎『家のむかし物語』(国重文・宣長筆)

  宣長がこの世に生を受けたのも、父母のおかげ。「恩頼図」には、
  「父主念仏者ノマメ心」「母刀自遠キ慮リ」と両親のことが書かれて
  います。父への想い、そして、母への感謝が見られる宣長の記録です。



『日記』(国重文・宣長筆)



◎『紫文要領』(国重文・宣長筆) ◎『石上私淑言』(国重文・宣長筆)

  『源氏物語』は「もののあはれを知ること」に尽きる――『紫文要領』で
  今までにない源氏物語論を展開した宣長は、『石上私淑言』をへて、
  いよいよ師・賀茂真淵との約束である『古事記』研究へ移っていきます。



『紫文要領』(国重文・宣長筆)


「蒲生氏郷像」  「蒲生氏郷宛安堵状」

  天正10年(1582)6月27日、織田家の後継者・領土再分配決定のため、
  尾張国清洲城で織田家家臣を集め開かれた「清洲会議」。信長亡き後、
  秀吉に仕えた氏郷は、伊勢松ヶ島12万石を与えられました。その
  「清洲会議」の「安堵状」を「蒲生氏郷像」とともに公開いたします。



「蒲生氏郷像」




「蒲生氏郷宛安堵状」


☆ 新規寄贈史料を初出品いたします。☆

「鶺鴒(せきれい)図」宣長賛 「殿村安守、他四名短冊」 
『県居大人評論 草蘆翁歌』  『龍広義書帖』

   新しく本居宣長記念館へご寄贈いただいた史料を、
   一挙に8点公開いたします。詳細は、別紙をご覧下さい。



「鶺鴒(せきれい)図」宣長賛



◇  展示資料   ☆初出品・□壁面展示・◆平台展示・◎国重文


1みたまのふゆ 宣長の誕生 1〜9
2 景山先生に宣長は生き方を学んだ 10〜18
3 佐夜佐夜鈴屋 19〜23
4 久須里婆古 24〜31
5 偶然だけど偶然ではなかった「松坂の一夜」 32〜40
6 松坂のおかげ・神宮のおかげ 41〜44
7 本屋の広告も宣長作 45〜50
8 ミタマノフユって何ですか? 51〜54
9 大和路の宣長 御子守ノ神 55〜61
10 契沖は証拠無きことを言わず 62〜65
11 紫式部の来訪 66〜69
12 もののあはれを知る 70〜75
13 『古事記伝』執筆 76〜81
14 西山公水戸光圀 82〜85
15 士清との交友 86〜89
16 恩頼(みたまのふゆ) 90〜96
 展示品一覧  

 

 

 

Copyright(c)2002-2013 Museum of Motoori Norinaga. All rights reserved.