鈴屋円居の図部分 本居宣長記念館
HOME
ご案内
本居宣長について
鈴屋・関係史蹟
主要収蔵品
展示・催し物
リンク・お問合せ・お問合せ
「ようこそ宣長ワールドへ」
解説項目索引
最新情報
館長室から
今月の宣長さん
展示・催し物
宣長十講へ
 
 

 

過去の展示


「松坂の一夜」250年記念・本居春庭 生誕250年記念
春の企画展「松坂の一夜 ―夢をかなえるために―」

 宣長の夢をかなえるための最初の目標が『古事記』の解読。
でも、その目標達成にはまず何が必要か。宣長はじっくりと考え、風のようにすばやく行動に移します。
 今年は、本居宣長と賀茂真淵の生涯一度の出会い「松坂の一夜」から250年。真淵と話した内容が綴られるエッセイ『玉勝間』、真淵ファンとなったきっかけ『冠辞考』。そして諸記録から、宣長の情報の集め方・処理の仕方と活用法など、夢実現のための様々な工夫をご紹介します。

 展示の主題は、以上の通りですが、今回の展示室は、内容豊富というか、史料満載です。
 山桜の花繁く咲きたるのが美しいと宣長先生もおっしゃってみえますが、
 質量共に圧倒的な展示となりました。

 松坂の文化サロン嶺松院歌会は78年間継続した、という解説的な知識ではなく、山積みされた会の歌集が、その長い歴史をまざまざと見せつけてくれます。
 宣長が心力を尽くしたという『古事記伝』44冊も、全冊並べました。
 「鈴が鈴なり」のケースには、収蔵庫にある鈴のコレクションの一端、でもどっさり、が並んでいます。
 賀茂真淵像も、ありったけ展示しています。
 そして美しい桜の絵。
 ていねいな宣長の筆跡。几帳面な記録。
 見て、驚いて、圧倒されて、それだけで「松阪の一夜」を創出した「松坂の文化力」と、宣長の仕事のすごさ、この二点が実感していただけること請け合いです。

日   時 : 3月5日(火)〜6月16日(日)
午前9時〜午後4時30分
会   場 : 本居宣長記念館展示室
入 館 料 :
大人400円 大学生等300円 子供(小学校4年〜高校生)200円
 団体料金(30名以上)
 大人300円 大学生等200円 子供100円
休 館 日 : 月曜日(祝日の場合は翌日)
問い合わせ先: 本居宣長記念館 0598-21−0312



◇ 展示品総数


91種173点  ※国重文 62点  (変更あり)

 
展示風景



展示風景



◇  主な展示品



●松坂の高い文化力が、宣長の多彩な学問を成長させる手助けとなりました。
 そんな松坂の城主であった古田家の関係史料が初出展。
 当時の貴重な郷土史料は必見です。

  『古田氏家中騒動記』(初出展)
  「本居大平翁纂輯松坂城主古田家史料」(初出展)

古田

『古田氏家中騒動記』


「本居大平翁纂輯松坂城主古田家史料」
「本居大平翁纂輯松坂城主古田家史料」


●賀茂真淵と本居宣長の生涯一度の出会い「松坂の一夜」から250年。
 この出会いは偶然ではありません。宣長が松坂の人々の学識から得た必然でした。

 『冠辞考』(賀茂真淵著)
 『日記』(国重文・宣長筆)

日記
『日記』



●桜とお酒が大好きな真淵先生の画像は多種多様。
 記念館には3点の真淵像があります。並べて、見比べてみましょう。
  「賀茂真淵像」(円山応震画)
  「賀茂真淵像」(内山真龍画・複製品)
  「賀茂真淵像」(橘千蔭賛・寄贈品)


「賀茂真淵像」(円山応震画)


「賀茂真淵像」(内山真龍画・複製品)

「賀茂真淵像」(橘千蔭賛・寄贈品)
「賀茂真淵像」(橘千蔭賛・寄贈品)

 



◇  展示資料   ☆初出品・□壁面展示・◆平台展示・◎国重文


1ケース 松坂の文化力 0〜10 9ケース 松坂 57〜60
2ケース 嶺松院から新上屋 11〜20 10ケース 景山入門 61〜64
3ケース 鈴が鈴なり 21〜26 11ケース 契沖発見 65〜68
4ケース 情報整理 27〜30 12ケース あはれ 69〜74
5ケース 憤怒の真淵先生 31〜37 13ケース 真淵先生の教え 75〜80
6ケース 真淵の遺産 38〜44 14ケース 真淵先生との約束 81〜84
7ケース 学び伝える 45〜50 15ケース 師の説になづむな 85〜87
8ケース 眠りにつく 51〜56 16ケース 日常の宣長 88〜91
   展示品一覧  

 

 

 

Copyright(c)2002-2013 Museum of Motoori Norinaga. All rights reserved.