鈴屋円居の図部分 本居宣長記念館
HOME
ご案内
本居宣長について
鈴屋・関係史蹟
主要収蔵品
展示・催し物
リンク・お問合せ・お問合せ
「ようこそ宣長ワールドへ」
解説項目索引
最新情報
今月の宣長さん
展示・催し物
宣長十講へ
 

 

過去の展示


冬の企画展『宣長と源氏物語』


日   時 : 2009年3月24日(火)〜6月21日(日)
午前9時〜午後4時30分
会   場 : 本居宣長記念館
入 館 料 :
一般300円 小学校4年生〜高校生100円 小学校3年生以下無料
団体料金(30名以上)大人200円、高校生80円、小・中学生50円
休 館 日 : 月曜日 ※5月連休中は開館します。
問い合わせ先: 本居宣長記念館 0598-21−0312


◇ 展示の見どころ  



 「歌を楽しむ」ことは、本居宣長においてすべての出発点でした。
十代の後半、将来への不安を抱え部屋に閉じこもっていた宣長は
「歌」という楽しみを突破口に、社会へと旅立ちます。
また、なぜ歌は人の心を魅了するのか、この問いかけが、
やがて、「もののあわれ」論や、『古事記』研究へと展開していくのです。
 今回の展示では、本居宣長72年の生涯を、
「歌を楽しむ」という目でとらえてみたいと思います。
展示は、宣長最初の歌集『栄貞詠草』から、一番最後の歌を縦軸に、
天皇の実兄・妙法院宮様との歌を通じての交流を横軸として構成します。


◇ 主な展示品  


「本居宣長四十四歳自画自賛像」
『栄貞詠草』
『和歌の浦』
『妙法院宮懐紙』など。



◇ 展示のご案内     〈 〉の数字は展示ケースです。


1〜5
,本居宣長(1730〜1801)は若い頃に「和歌」の面白さを知り、歌を詠む楽しみだけでなく、
なぜ人は歌を詠むのだろう。そもそも歌とは何かと言うことを考え始めます。
国学者としての出発点は青春期の歌との出会いにあったのです。

宣長の読んだ最初の歌( 19歳の正月・『栄貞詠草』〈9〉)
   新玉の 春きにけりな 今朝よりも 霞ぞそむる 久方の空

 

,宣長はひとりぼっちでした。歌の先生に師事したこともありました。
京都で医者の勉強をしている頃には、歌会にも参加しました。
しかし自分の考える歌との距離を感じ、孤独な思いを持ちつづけたのです。

  年ころ此道(歌の道)に志ありて、絶えず詠みける言の葉もはかばかしく
  善し悪し見わくる人もなき事をうらみて、同じ題にておもひをのべ侍りぬ
   和歌浦  たちよるかたを 浪間にぞ 夜半の千鳥の 鳴あかすなる
   浜千鳥  鳴こそあかせ 和歌の浦や たつらんかたも なみのよるよる

「懐紙書様手本」(かいしかきざまのてほん・〈2〉)は
その頼りない先生・有賀長川(あるが・ちょうせん)より伝授された和歌懐紙の書き方です。
歌の出来不出来とは別にこのように書くと一枚にきちんと収まるという方式です。

 

,一人で考える宣長にとって指針となってくれたのが、
契沖(けいちゅう)の『百人一首改観抄』〈10〉でした。
 この本との出会いにより、宣長の物の見方が一変しました。
 この方法で考えればいいのだ。目が覚めたと回想しています(『排蘆小船』〈1〉)。
 宣長は「改観抄」に、「契沖の説は証拠なき事を言わず」と書き入れています。
証拠を挙げて考えると言うやり方は当時としては画期的な方法です。
宣長と契沖の出会いは、 「日本の人文系学問の夜明け」といっても言い過ぎではありません。
 その方法を本にして歌について論じたのが『排蘆小船』(あしわけおぶね)です。

 

,歌の問題を掘り下げていった宣長は、時代の変遷とか、
「日本人の心」を考えないといけないと思い始めました。
 いよいよ『古事記』の登場です。
 本当はそこに至るまでの話も大切ですが、今回は歌の話なので省略。

 

,さて、『古事記』〈2〉を開いた宣長は、契沖の方法の限界を感じます。
この本を読むにはまだ何かが足りない。証拠だけじゃだめなのか。

 


1〜5

 



 

Copyright(c)2002-2009 Museum of Motoori Norinaga. All rights reserved.