鈴屋円居の図部分 本居宣長記念館
HOME
ご案内
本居宣長について
鈴屋・関係史蹟
主要収蔵品
展示・催し物
リンク・お問合せ・お問合せ
「ようこそ宣長ワールドへ」
解説項目索引
最新情報
今月の宣長さん
展示・催し物
宣長十講へ
 
  

 

過去の展示


平成19年秋の企画展 宣長をめぐる「道」

会  期: 2007年9月19日(水)〜12月9日(月
休館日:月曜日
開館時間: 午前9時〜午後4時30分
入 館 料 :
(記念館・旧宅「鈴屋」共通)
大人300円・子供(小学校4年〜高校生)100円
団体料金(30名以上)
大人200円、高校生80円、小・中学生50円 。


◇ 展示の趣旨  


 みなさんは、「道」という言葉を聞いた時、どのようなことを思い浮かべますか。
 「道」というのは、道路としての「道」はもちろん、
倫理・道徳・政治などの「人の道」を指す場合もあるなど、それが持つ意味は多彩です。
 宣長に当てはめると、例えば、前者は伊勢街道などにおける街道筋の
宣長流の国学の普及や人々との交流となるでしょうし、
後者は「道を知る第一の古典」といえる『古事記』の研究、つまり、
『古事記伝』の執筆の執筆などがあてはまるでしょう。
 宣長は、「道」について大変関心を抱いており、著書などの中でことあるごとに記しています。
 本展示では、そのような宣長をめぐる様々な「道」について、
特に『直日霊』を中心にご紹介致します。ぜひご覧下さい。
 また、宣長とも交友のあった書家・韓天寿の『飲中八仙歌』(山口省吾氏寄贈・六面)を初公開します。


◇ 主な展示品      


「田中道麿像」、「学問所建設願書」、「排蘆小船」、「石上私淑言」、
「古事記雑考」、「玉鉾百首」、「末賀乃比礼」、「直日霊」、「葛花」



◇ 天寿と宣長に出会う旅はいかがですか      


 江戸時代の旅の楽しみの一つに、その土地の有名人に会うことがありました。
訪問先で逆に所望され不愉快になった司馬江漢の例もありますが、
いずれにしても、出来れば小品でも、また短冊一枚でももらえたら、それは大収穫。
 さて、江戸に住む医者で文人の安田躬弦(みつる)は、寛政2年(1790)、
安濃津(三重県津市)に住む知人 田中如真を見舞うという大義名分で、
伊勢を訪れました。『安濃の日記』はその時の紀行文です。
 名所の見物をしながら、旺盛に当地在住の著名人を訪問しています。
 松坂で躬弦は、まず韓天寿に会い、それから宣長のもとを訪れ歓談し、歌の贈答もしています。
 書家で、中国の名跡のコレクションでも知られた天寿と、宣長を一日で楽しむ。
このとても贅沢な旅を、みなさんもなさいませんか。

今回の展示では、天寿の書いた「飲中八仙歌」(杜甫作)を、
山口氏寄贈の六面と、郷土資料室移管の一幅を並べてみました。
天寿の書風がよくおわかり頂けると思います。
また天寿のコレクションの散逸を惜しむ宣長の藩への提言書「学問所建設願書」や、天寿と池大雅を描いた『近世名家書画談』なども併せて展示します。

>> 安田躬弦(ヤスダ・ミツル)の訪問
>> 鈴屋訪問
>> 「学問所建設願書」



◇ 展示説明会 


 10月20日(土)、11月17日(土)、 午前11時より(参加費無料)

 

 

 

Copyright(c)2002-2007 Museum of Motoori Norinaga. All rights reserved.