鈴屋円居の図部分 本居宣長記念館
HOME
ご案内
本居宣長について
鈴屋・関係史蹟
主要収蔵品
展示・催し物
リンク・お問合せ・お問合せ
「ようこそ宣長ワールドへ」
解説項目索引
最新情報
今月の宣長さん
展示・催し物
宣長十講へ
 
  

 

過去の展示


平成19年夏の企画展 『古事記伝』の世界

会  期: 2007年6月28日(木)〜9月17日(月
休館日:月曜日(5月1日は特別開館)
開館時間: 午前9時〜午後4時30分
入 館 料 :
(記念館・旧宅「鈴屋」共通)
大人300円・子供(小学校4年〜高校生)100円
団体料金(30名以上)
大人200円、高校生80円、小・中学生50円 。


◇ 展示の趣旨  


 夏の企画展では、『古事記伝』を取り上げます。
 西暦712年に、稗田阿礼、太安万侶により作られてから1,000年の年月が流れ、
忘れ去られたようになっていた『古事記』。この現存最古の歴史書を、宣長が〈再発見〉し、解読したのです。

 宣長の研究は、『古事記』以外にも、『源氏物語』や言葉の法則、和歌、暦、国号、外交史と、実に多方面にわたりますが、ちょうど小さな川が大河に流れ込むように、あらゆる研究が、『古事記伝』44冊の中に集約されていくのです。

 それだけではありません。
 少年期からの読書や思索が、また旅の経験や人との会話などすべてが『古事記伝』執筆に活かされたのです。
 特に、刊行のための準備作業が開始された57歳頃からは、家族や門人の協力を得ながら、全勢力を完成と刊行に注ぎます。 宣長が亡くなってからは一族と門人がその仕事を継承し、没後21年目に全巻刊行を成し遂げたのです。

 つまり、宣長の著作や資料、また本居家の歴史も、皆どこかで『古事記伝』とつながっている、あるいは関連付けることが出来ます。
 宣長72年の生涯、それはこの本を書くためにあったと言っても過言ではありません。

 今回の企画展では、記念館所蔵品16,000点の中から精選した81種の資料をもとに、この本の構成、内容。また、なぜ『古事記』を研究したのか、執筆のプロセスなど、『古事記伝』の隅から隅までご案内いたします。

 また夏の展示では恒例となりましたが
「大日本天下四海画図」
を展示します。宣長17歳の大作をごらん下さい。

◇ 展示品一覧      ◎ 国重要文化財  ◇=壁面展示

『古事記伝』の世界 1〜5 『古事記』の世界
   神話と歴史の狭間
41〜45
『古事記伝』執筆 6〜14 歴史への興味 46〜49
書斎鈴屋 15〜18 現存最古の歴史書『古事記』 50〜53
宣長の日常生活 19〜23 方法の模索
  どのように研究するか
54〜60
『古事記伝』 出版から完成へ 24〜28 研究の準備 基礎資料の整備 61〜67
宣長の出発点 29〜33 曲玉・鏡・太刀 68〜73
『古事記伝』の出版 34〜38 『古事記』研究の発展 74〜77
『遺言書』 39〜40 『古事記伝』を読む・写す 78〜81
  展示品一覧 1〜81



◇ 主な展示品   ◎国重要文化財     


◎「古事記伝御題字」1幅
◎『万葉集問目』 宣長質問 真淵答
  ※今本巻9「歌垣」、「よく考て後こたふべし」
◎『古事記上巻真淵訓』 真淵著 宣長明和5年(1768)写

「宣長書簡」荒木田久老宛 10月4日付
「荒木田久老懐紙」1幅
「宣長書簡」荒木田経雅宛
◎『天地図』下書
  
「貝尽し四重重箱」1式
「龍笛」1管  ※宣長愛用

「宣長書簡」横井千秋宛 1幅
  ※記伝初帙刊行と奉納を悦ぶ
「鯉の図」田俊画・春庭賛・美濃代筆
  「水上のたきつしら波めにかけて心たかくものぼるこひかな、はる庭」
                    【小津茂右衛門コレクション】
◎「古事記伝終業慶賀の詠」1幅
「古事記伝板木等譲渡証文」1幅
「夢中感得諸仏図」1幅 小津定治依頼
◎「大日本天下四海画図」1幅 宣長筆
◎「神器伝授図」1巻 宣長筆
◎『日本書紀』9冊 宣長手沢本
◎『古事記』3冊 宣長手沢本 
◎『先代旧事本記』宣長手沢本
   ※〔奥書〕宝暦十四年正月以度会延佳本校合之
◎『阿毎菟知辨』1帖 宣長著
◎「年代記」1冊 宣長編
◎『上代系図』1冊 宣長編
◎「荒木田尚賢書簡」安永2年 1通
   ※さきにかりもたりし古事記伝、つはらによみ侍るに・・」
『書籍借貸日記』1冊 長谷川常雄 【市史編纂室移管本】
   ※天明5年「古事記伝第一ノ下」
「帆足京短冊」1枚
『古事記灯おおむね』板本2冊 富士谷御杖著
   ※清水浜臣旧蔵【妙楽寺寄贈】



◇ 今回の展示をごらんいただくために  


    ( ) 付数字は展示ケース番号です。

〈1〉 宣長の生い立ち
〈2〉 京都に行く 契沖の学問との出会い
〈3〉 『古事記』を買う 
〈4〉 『古事記』を選ぶ
〈5〉 『古事記』を「読む」
〈6〉 松阪の一夜 賀茂真淵との出会い
〈7〉 古事記・万葉の時代の人と同じ発想法、表現法になる
〈8〉 着々と進む『古事記伝』執筆準備
〈9〉 読み、そして写される『古事記伝』
〈10〉 『古事記伝』の出版、全巻終業、そして全巻完結と完成
〈1〉ー〈10〉全文

 

 

Copyright(c)2002-2007 Museum of Motoori Norinaga. All rights reserved.