鈴屋円居の図部分 本居宣長記念館
HOME
ご案内
本居宣長について
鈴屋・関係史蹟
主要収蔵品
展示・催し物
リンク・お問合せ・お問合せ
「ようこそ宣長ワールドへ」
解説項目索引
最新情報
今月の宣長さん
展示・催し物
現在の展示
宣長十講へ
 
 

 

過去の展示



冬の企画展 完成 本居学 ―寛政年間の宣長―

会  期: 2006年12月12日(火)〜2007年3月25日(日) 
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)
    年末年始
開館時間: 午前9時〜午後4時30分
入 館 料 :
(記念館・旧宅「鈴屋」共通)
大人300円・子供(小学校4年〜高校生)100円
団体料金(30名以上)
大人200円、高校生80円、小・中学生50円 。


◇ 展示の趣旨  


 寛政元年(1789)、60歳になった宣長は、いよいよ自分の学問の完成を目指します。
 自画像を描き、『古事記伝』執筆も最終段階へと入り、『古今集遠鏡』、『玉勝間』、『うひ山ぶみ』など代表的な著作も次々に執筆、刊行されます。それまでの机に向かう生活から、「行動する宣長」への転身です。名古屋への学問普及の旅、紀州徳川家への仕官と藩主への御前講義、京都での公卿への講釈では、いずれも大きな成果が得られました。
 一方、諸国からの来訪者も増加します。家の中も、長男春庭の失明と養子大平の入家、三人の娘の結婚と重大事件が続きます。このような多忙な中で、静かに自分の生涯の幕引きの準備も進んでいきます。そんな密度の濃い寛政年間(1789〜1801)の宣長の足跡を追います。特に、寛政年間に執筆、刊行された 全著作23種83冊の一挙公開 は初の試みです。13年間4640日 の持つ重みを実感していただけると思います。


◆ 展示点数  全80種(重文35種)  



 主な展示品   


「本居宣長六十一歳自画自賛像」(国重文)
紀州藩主から拝領した「板文庫」
自分のお墓の下見に行った「山室山行詠草」(国重文)
奈良の大なべ、小なべ古墳をめぐった「寛政十二年紀州行日記」(国重文)
京都での講演の成果「富小路貞直卿餞別長歌」
最晩年に全精力を傾注して執筆した『続紀歴朝詔詞解』草稿・再稿本(国重文)は、真淵先生との約束を果たさんとする、また国学者としての信念に基づく気迫に満ちた筆跡です。
「帆足京短冊」熊本からやってきて『古事記伝』を筆写した15歳のお嬢さん帆足京(ホアシ・ミサト)さんの水茎の跡。


◇ 寛 政 年 間 の 宣 長 

寛政13年は2月5日から享和元年となりますが今回は9月29日迄を寛政としました。


60歳〜72歳
◇ 宣長に残された時間 寛政改元:天明9年(1789)1月25日。
  ※享和元年9月29日(宣長死去)まで4640日
◇ 紀州藩主10代徳川治宝などへの御前講義9回
◇ 刊行書籍合計83冊(除・枕の山−亡くなった直後の刊行)
◇ 入門者341人 
◇ 旅(二泊以上)16回
  (伊勢3回・京都4回・名古屋4回・和歌山3回・桑名1回 ・四日市1回)

〔講筵旅行・刊行著作・入門者数の内訳〕
寛政元年(1789)60歳
 『真暦考』1冊・『玉くしげ(別巻)』1冊 2冊
 ☆ この年の入門者 37名
寛政2年(1790)61歳
 『神代正語』3冊・『古事記伝』初帙(巻1〜5)8冊 
 ☆ この年の入門者 20名
寛政3年(1791) 62歳
 『仰瞻鹵簿長歌』1帖 1冊 
 ☆ この年の入門者 13名
寛政4年(1792) 63歳
  『古事記伝』第2帙(巻6〜11)・『玉あられ』1冊
  『詞の玉緒(補刻校)』7冊・『新古今集美濃の家づと』5冊 19冊
 ☆ この年の入門者 37名

寛政5年(1793)64歳

 ☆ この年の入門者 43名

寛政6年(1794)65歳
 ☆ 和歌山・京都行き。和歌山城奥座敷で御前講釈3回(11/3・5・6)。
   講書『中臣祓』・『詠歌大概』。
   吹上御殿で清信院に講釈2回(閏11/12・16)。
   講書『源氏物語』「若紫」・『古今集』誹諧部、真名序、仮名序。
 ☆ この年の入門者 38名
寛政7年(1795)66歳
  『手枕』1冊・『玉勝間』第1篇(巻1〜3)・『菅笠日記』2冊 6冊
 ☆ この年の入門者 21名
寛政8年(1796)67歳
  『大祓詞後釈』2冊・『馭戎慨言』4冊・『出雲国造神寿後釈』1冊  7冊
 ☆ この年の入門者 24名
寛政9年(1797)68歳
  『天祖都城弁弁』1冊・『美濃の家づと折添』3冊
  『古事記伝』第3帙(巻12〜17)・『古今集遠鏡』6冊
  『玉勝間』第2篇(巻4〜6)19冊 
 ☆ この年の入門者 17名
寛政10年(1798)69歳
 『鈴屋集』巻1〜3 3冊
 ☆ この年の入門者 21名
寛政11年(1799)70歳
  『うひ山ぶみ』1冊・『源氏物語玉の小櫛』9冊・『鈴屋集』巻4、5
  『玉勝間』第3篇(巻7〜9) 15冊
 ☆ 和歌山行き。初のお目見(2/3)。 
   大奥御対面所で御前講釈1回(2/17)。
   講書『源氏物語』「紅葉賀」。〈展示資料参照〉
   吹上御殿で清信院に講釈2回(閏11/12・16)。
   講書『源氏物語』「初音」・『古今集』大御所歌、神楽歌、真名序。 
 ☆ この年の入門者 23名
寛政12年(1800)71歳
 『地名字音転用例』1冊・『神代紀髻華山蔭』1冊 2冊
 
☆ 和歌山行き。
   御広敷で御前講釈5回(11/29・12/4・8・14・13年1/14)。
   講書『源氏物語』「帚木」。『古語拾遺』。
   お流れ頂戴1回(13年1/3)。
 ☆ この年の入門者 24名
寛政13年(1801)72歳
 『伊勢二宮さき竹の弁』1冊・『枕の山』1冊(?) 1冊
 ☆ この年の入門者 23名

合計 御前講義 9回  刊行書籍合計 83冊(除・枕の山)入門者 341人


◇ 子どもの結婚 4回(飛騨※再婚・四日市高尾家に嫁ぐ
            美濃※長井家に嫁ぐ
            能登※山田安田家に嫁ぐ
            春庭※妻村田壱岐を迎える)
◇ 養子を迎える 1回(稲懸大平)
◇ 子どもの離婚 1回(飛騨草深家を離縁)
◇ 最高所得 寛政3年(62歳)156両   ※1両を10万円で換算すると1,560万円。
◇ 頂き物 多数 
      駅鈴・板文庫・多賀城瓦・コンペイトウ・カステイラなど。

 


Copyright(c)2002-2007 Museum of Motoori Norinaga. All rights reserved.