宣長四十四歳自画像部分 本居宣長記念館
HOME
ご案内
本居宣長について
鈴屋・関係史蹟
主要収蔵品
展示・催し物
リンク・お問合せ
「ようこそ宣長ワールドへ」
最新情報
今月の宣長さん
本居宣長について
 
宣長図書館
line

価格は、すべて「税抜き」表示です。

☆読む図録
2011.4.7記載

新版『本居宣長の不思議』 A4、154ページ 1500円(送料350円)

本居宣長の不思議
生誕から没後まで宣長の世界を、写真と解説でたどることができます。
珍しい写真も多く、また資料の文字を読んでいただけるように大きく載せました。
開館40周年記念出版。

 ご希望の方は記念館までお問い合わせください。 <新刊>

☆最もオーソドックスな宣長の伝記

『本居宣長の生涯 その学の軌跡』 岩田隆著・以文社。

本居宣長の生涯
宣長研究の第一人者による宣長の生涯。宣長の生涯とその業績がていねいに記述されています。

 <品切れ>

☆歴史家による詳しい宣長伝
『本居宣長』城福勇・吉川弘文館(人物叢書)。2000円
本居宣長
関連資料の引用も豊富で、詳しく知りたい方には最適です。

☆批評の神様が18世紀最高の知性に挑む
『本居宣長』
小林秀雄・新潮文庫(上下2冊)。1420円
『本居宣長』
宣長の思考や学問を詳しくたどりたい方はぜひお読みください。この本はまた宣長の膨大な著作からのアンソロジーとしても使えます。

☆宣長さんの勉強法を知るにはこれがおすすめ
『宣長さん 伊勢人の仕事』中根道幸著・和泉書院。
宣長さん
500頁を越える大著です。青少年時代の宣長が何に関心を持ち、どのように勉強していったのか、宣長の勉強法や研究の手法まで実証的に解明します。

  <品切れ>

☆詳しい年譜と基礎研究
2011.1.27記載
『宣長学論究』岩田隆著・おうふう。15,000円
宝暦13年の真淵との対面と、それ以後の『古事記伝』起筆前後の研究です。
宣長の明和年間は、わかりそうでわからない、しかも極めて重要な時代ですが、
本書各編により、随分明らかになりました。
「本居宣長年譜」は、筑摩書房『本居宣長全集』別巻3収載のものに増補したもので、
現在最も詳しい年譜です。

☆漫画がいいな
『鈴せんせい 歴史漫画本居宣長のすべて』

漫画、小井土繁、シナリオ、岡田勝。(社)松阪青年会議所。
1000円。送料300円(ゆうメール)。
鈴せんせい 
緻密な考証をした隠れたベストセラーです。

☆写真で見たい

『本居宣長記念館名品図録』

本居宣長記念館。〈品切れ〉
本居宣長記念館名品図録

☆門人や著作の概略を知りたい

『本居宣長事典』
A5 286ページ 本居宣長記念館編 3,800円
本居宣長事典
宣長について調べるならこれ


 ※ご希望の方は記念館までお問い合わせください。

☆簡単なガイドブックが欲しい

『図説本居宣長』

本居宣長記念館。<品切れ >
図説 本居宣長

☆一冊くらい宣長の本が読みたいな
『菅笠日記』尾崎知光、木下泰典編・和泉書院。
菅笠日記
宣長43歳の時の吉野飛鳥紀行。本書は原文と注釈。〈品切れ〉

『現代語訳菅笠日記』三島健男、宮村千素著・和泉書院。
           〈本居宣長記念館では取り扱っておりません〉

『新日本古典文学大系 近世歌文集下』
             鈴木淳、中村博保校注・岩波書店。
『菅笠日記』所収。〈本居宣長記念館では取り扱っておりません〉

『新編日本古典文学全集 近世随想集』鈴木淳他・小学館。
宣長処女作の歌論『排蘆小船』が原文、注、訳付きで載る。
〈本居宣長記念館では取り扱っておりません〉

☆こんな本もあります
『近世国学者の研究』北岡四良著・皇學館大学出版部。
近世国学者の研究
宣長、谷川士清、荒木田尚賢など伊勢の国学者の最も基本的な研究です。 
〈本居宣長記念館では取り扱っておりません〉

『国文学 解釈と鑑賞9月号』2002年刊
  「特集・今に生きる本居宣長 −その思想と文学−」至文堂 〈品切れ〉


 ここでは簡単に入手出来るものだけをあげました。送料記載のもの以外は、書店で入手出来ます。
 送料記載のもの、またそれ以外の本も本居宣長記念館で販売しています。郵送もしますので、お問い合わせください。

 電   話 0598−21−0312
 Eメール info@norinagakinenkan.com


もっと詳しく知りたい、また関連論文などについて情報が欲しい、と言う方はぜひ記念館研究室にお問い合わせください。


<<  「本居宣長について」に戻る


Copyright(c)2002-2016 Museum of Motoori Norinaga. All rights reserved.